投資の勉強

ハイテク株の暴落は起こらなそうだと最近思い始めた話

こんにちは TK です。

私はここ一か月ほど米国のハイテク株のバブルが弾けるんじゃないかと予想して、少量の tecsを購入していました。

理由としては以下の通り。

バイデンさんが勝利するとハイテク銘柄に対する課税が強化されるから。

飛び抜けて高い PER。

コロ名前上回る株価。

単なる逆張り思考。

いろいろ理由はあるのですが、最近その考えが変わってきました。

理由としてはコロナショックが起きても全く傷んでいない決算成績です。

アメリカや中国などの非製造業部門の指数を確認してもほぼほぼコロナ前と同等程度に戻しています。

コロナによる経済へのダメージが株価下落の理由と考えるのであれば、各種数値を見ると辻褄が合わなくなります。

幸い目先のダウ平均株価は大きく下落してきておりそれに伴ってナスダック指数も下落傾向にあります。

そのため tecs もある程度含み益になっていますが MACD などの指標を確認して適切なタイミングで売り抜ける必要がありそうです。

その場その場の情報を客観的に見て、自身の方針を随時修正していかなければならないと改めて感じました。

特に大統領選挙の直前ということでボラティリティも大きくなっているのであまり変な短期投資はしない方がいいかもしれませんね。

投資はまず資金を減らさないことが一番大切。

大暴落のような大きな利益を生み出せる機会を夢見るのではなく、地に足をつけて資産運用していきたいと思います。

最後に応援ボタンを押していただけるとすごく嬉しいです。

それではまたお会いしましょう。

応援クリックお願いします!