ライフハック

住宅ローンの金利ほど無駄なものはない

住宅ローンの金利ほど無駄なものはないと思う。

こう言うと色々な批判が飛んでくるかもしれないが、これからの時代は戸建てよりも賃貸だと考える。

なぜなら変化のスピードがどんどん速くなっている現代において、ずっと定住することを余儀なくされる戸建を購入することはあまりにもリスキーだからだ。

さらに金銭的にも数千万円のローンを組むことになり、経済的に拘束されることになる。

またこのローンが厄介であり、ファイナンシャルリテラシーの教育を受けない日本人においてはあまり馴染みがないかもしれないが、たとえ低金利であっても長期に高額のローンを組むことによって莫大な金利手数料を支払うことになる。

私の知人にはひょんなことでマンションを二部屋持っている者がいるが、私が想像するにローンだけで8000万円ほど、いくら低金利と言っても35年ローンで考えたら大変な金利手数料を払うことになるのは明らかである。

下手したら、いや下手しなくてももう一つ良い戸建を購入することもできるぐらいの出費かもしれない。

これはファイナンシャルリテラシー教育の中の複利の力についての勉強が足りないことによって起こる。

アインシュタインも言ってるように福利というのは非常に偉大な発明である。

うまく活用すれば人生の可能性を大きく広げることができるが、残念なことに大半の人間はその活用方法を誤っており人生の可能性を狭めている。

価値観は人によってそれぞれなので、戸建を購入することを完全に否定するものではないが、現在においては特に身の丈に合わない買い物になりがちだということを理解しておく必要があるだろう。

ローンの支払い方にもよるが、多くの人がローン支払いの初期はローンの残債ではなく金利手数料を多く支払っていることはある。

当人たちはあまり意識してないだろうが、一生懸命働いて稼いだお金の中から例えば10万円ローンの返済に充てているとしても、その支払のうち8万円は金利手数料文だったということもザラにあるだろう。

もし会社から賃貸の手当てを得られるのであればそちらを活用して賃貸で生活しつつ投資用の資金を貯めていくのが賢明ではないだろうか。

もし戸建てを買うのであればかなりまとまったお金を用意できるようになった時に初めて検討に入るのが望ましいだろう。

我々の考えるの邪魔となるのが日本独特の固定観念である。

家を買うのは当たり前、家を買って初めて一人前、賃貸に住むなんて恥ずかしい。

周りのことを気にしてどうするのかっていう感じである。

昔の当たり前をずっと引きずっているのはやめたほうがいい。

現代には現代の生き方がある。

古い考えを捨ててこそ、今を最大限楽しむことができるはずである。

応援クリックお願いします!