ライフハック

米国株 ETF と投資信託はどっちがいいのか?

私の結論としては投資信託です。

米国株 ETF の方が分配金も入ってくるし経費率も激安ですが、簡単さという観点で投資信託に劣っています。

一般人が投資で勝つためには長期投資をすることは前提になってきます。

なぜなら株式市場は超効率的であり、雑誌やインターネットデータ情報というのは出た瞬間に価値がなくなってしまうからです。

裏を返せば情報で出し抜く短期投資というのは不可能に近いということです。

パッシブ運用で長期投資をすれば市場平均的な成果はあげることができます。

この考えに基づくと一般的なサラリーマンなどはパッシブ運用で長期投資をすべきという考えに行き着きます。

じゃあどんな投資商品を使って長期投資をすればいいのかという話に行き着きます。

最初私は米国株 ETF派でした。

私の YouTube チャンネルでも米国株 ETF の話をバンバン出していました。

もうむしろの投資信託なんて初心者が扱うものだぐらいに考えていました。

今思い返すと恥ずかしい限りです。

ここでも返して欲しくないのが米国株 ETF がダメということではないということです。

むしろセミプロのような超詳しい米国株 ETF 投資家であれば米国株 ETF の方が種類も多いし柔軟に投資できるでしょう。

一方でこれは私の考えになりますが、サラリーマンのような片手間で投資する人にとって選択肢はあまり必要ではないと考えています。

大切なのは簡便さと継続のしやすさです。

そうです。

この二つで投資信託は米国株 ETF に勝っています。

気に入ってる点を以下に箇条書きにします。

・購入金額を細かく指定できる

・専用のアプリがあって設定が簡単

・約定をしたかどうか気にしなくていい

・ノーロード

・SBI のアプリは継続しやすい仕様になっている

・NISA 満額まで使い切ることができる

ぱっと思いつくメリットを挙げていったら金だけ出てきました。

やっぱり一番は月々の投資額を一定額にすることができる点ですね。

米国株 ETF だと、一株当たり1万円から3万円ぐらいですのでどうしても端数が出てしまいます。

どうしても約定したかどうかも気になってしまいますよね。

特に SBI 証券では米国株の投資は非常にやりにくいです。

アプリで米国株投資はできませんからね。

また米国株 ETF の場合は円からドルに両替しなければいけません。

手間もコストもかかりますね。

結局こういったメリットデメリットを勘案した際に、投資信託の簡便さというのは投資初心者にとって大きなメリットになります。

米国株 ETF の商品の種類が多いであったり見かけ上手数料が安い点というのは初心者投資家にとってあまりメリットになりません。

本当に長期投資は続けてなんぼです。

手間暇をかける手数は少なければ少ない方がいいです。

私はここ数ヶ月は全く投資に関して触らずに長期投資を継続できています。

こうやって投資から解放されるとストレスが減るし、余った時間で他の有意義なことができるので本当にお勧めです。

ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに私が定期買い付けしてるのは全世界株式です。

応援クリックお願いします!