ETF

【米国株】元祖高配当ETFのVYMについて特徴を徹底解説

投資家
投資家
インカムゲイン目当ての長期投資がしたいんだけど、VYMって実際のところどうなの?具体的な特徴とかを知りたいんですが・・・
TK
TK
VYMは高配当ETFの中でも比較的歴史のあるETFです。根強い人気がありバランスの良いETFなので特徴を詳しく解説しますね!
  • 本記事の内容

・VYMの長所

・VYMの短所

・他のETFとの比較

  • 本記事の信頼性

・ガチガチのVYMホルダー

・投資歴13年

・登録者5800人の米国株投資家YouTuber

・大手製薬企業に勤務

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
米国株ETFへの長期投資でFIREを目指しています。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

米国株ETFだと情報が英語だったりしてわかりにくい場合が多いですよね。

投資は全て自己責任だからこそ、よく理解した上で買いたいです。

ご安心下さい。米国株投資家YouTuberのTKがあなたに代わってVYMを調べ上げました。参考になれば幸いです。

VYMの長所

VYMの長所をまとめます。

  • 連続増配年数が良好
  • 10年増配率が2倍を超える
  • 利回りは平均して3%くらい
  • リーマンショックを経験した歴史あるETF
  • 世界一の運用会社バンガードのETF

連続増配年数が良好

投資家
投資家
連続増配年数ってなに?重要なの?
TK
TK
米国の企業は株主への還元意識が高く、毎年配当金を増配する企業が多く存在します。中には何十年も増配を続けている企業もあり投資家の配当収入を底上げしてくれます

10年増配率が2倍を超える

一般的なサラリーマンを想像してみて下さい。

月収が30万円のサラリーマンが10年後に月収60万になっている可能性はどれくらいあるでしょうか?

VYMの10年増配率が2倍の凄さが想像できると思います。

他のETFの10年配当変化率も確認してみて下さい。

VYMの優秀さが明確化されますね。

リーマンショックを経験した歴史あるETF

VYMの運用開始は2007年です。

リーマンショックの際のパフォーマンスがわかっていることは心強いですね。

一方でHDVやSPYDはリーマンショック後に運用開始されています。

特にSPYDに関しては始めてリセッションを経験し、多くの投資家がその下落率に戦々恐々としていました。

TK
TK
長期投資を前提としているからこそ、データが蓄積しており信頼がおける銘柄を選びたいですね

バンガードのETF

代表的なETF運用会社は上記の3社です。

ETFで重要なのは運用規模です。

運用規模が大きいほどETFの手数料が圧縮され、お得に運用することができます。

TK
TK
バンガードの最安手数料は0.03%です。1000万円運用しても年間3000円の手数料です。

VYMの短所

VYMの短所は以下の通りです。

  • トータルリターンではSPYに負ける
  • 配当利回りはSPYDやHDVに負ける

トータルリターンではSPYに負ける

S&P500は直近10年間のパフォーマンスが非常に良好です。

高配当ETFの宿命とも言えますが、こういったグロース株を含むETFにはトータルリターンでは勝てないと思ったほうがいいです。

そう入ってもVYMはかなり良い線いっていますね。

高配当+増配+株価の成長の三拍子が揃っています。

配当利回りはSPYDやHDVに負ける

VYMは高配当ETFに分類されますが、他の高配当ETFに利回りで負けてしまいます。

  • VYMは平均して3%前後
  • HDVは平均して3.5%前後
  • SPYDは平均して4%前後

それでも増配を加味するのであれば、長期保有すればするほどVYMに分があると考えられます。

他のETFとの比較

今回はVYMとSPYD、HDVを比較しています。

直近の頃なショックで各ETFに違いが出てきています。

株価の推移としてはSPYDの下落率が大きいです。

S&P500の高利回り上位80銘柄をピックアップする方法が裏目に出ていますね。

VYMとHDVは同様の推移を示しており悪くないチャートです。

それぞれのETFの利回りを示しています。

SPYD>HDV>VYMとなっています。

投資家
投資家
高配当ETFなんだからSPYDの方がいいってこと? 
TK
TK
インカム狙いの長期投資では現状の利回り以外にも注意すべき点があります。
  • 連続増配年数
  • 増配率
  • 減配耐性
  • セクター比率

VYMは他の高配当ETFに利回りでは負けていますが、連続増配年数、増配率では勝っています。

こちらの表にあるように10年の配当変化率を見ると、VYMは圧倒的です。(10年で配当が2.604倍)

この10年配当変化率は10年前に購入したETFの配当が2.604倍になっているということです。

経費率はVYMが最も安いですが、そこまで大きな差ではありません。

まとめ:長期投資ガチ勢なら本命ETFになる

長期投資は20年30年のスパンで考える必要があります。

その場合、見かけ上の利回り以外にも考えるべきことはたくさんあります。

繰り返しになりますが、

  • 増配傾向
  • 連続増配
  • 適度な株価成長
  • 適度な利回り

VYMは長期投資をする上で非常にバランスが良いETFといえます。

TK
TK
長期投資では何度もリセッションという嵐が来るはずです。ある程度バランスが良いVYMのようなETFであれば一緒に乗り越えられそうですね

よかったら動画でも解説しているので参考にして下さい。

応援クリックお願いします!