投資の基本

【必読】株式投資を始めるときに読むべき本を徹底紹介

投資家
投資家
投資を始めるために勉強用の本を探しているんだけど、いいものはないかなぁ。本屋にはいろんな種類があって何を選べばいいかわからないよ!

 

TK
TK
投資用の方は色んなものが売っていますよね。初心者の方が選ぼうと思っても正解を選択すのは難しいかもしれません。もし間違った怪しい本を選んでしまったら大切な資産が目減りしてしまうかもしれません。

本記事の内容

  • 投資用書籍の選び方
  • TKおすすめの投資本の紹介(始め方)
  • TKおすすめの投資本の紹介(投資手法)

この記事の著者

  • 投資歴14年
  • 米国株投資家Youtube(登録者数7000人)
  • 製薬会社の広報担当
  • 投資対象→米国株ETF✕日本株(高配当、優待、グロース)✕中国株

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
よかったらこちらも参考にしてみてください。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

間違った投資手法や手数料の高い証券会社を選んでしまうとあとあと高い代償を支払うことになりかねません。

今回の記事を参考にして最高のスタートを切ってください!!

本選びの前提条件

まず大切になるのは「どんな投資をするか」です。

なにを始めるにしても方向が間違っていたらどんなに勉強しても意味がないですよね?

株式投資について研究が進んだ現代では個人投資家がどんな投資をすべきかというのはだいたいわかってきています。

難しい投資をする必要はありません。

ポイントは以下の通りです。

  • 長期投資を実践する
  • 全世界株式に投資する
  • ETFもしくは投資信託に投資する
  • 手数料を低く抑える
  • 配当金は再投資する
  • 毎月一定額を積立投資する

他にも注意すべき点はたくさんありますが、まずはこれくらいを意識すれば十分でしょう。

このような投資は退屈ですが、20年30年と投資を続けていくことにより資産は想像以上に膨れ上がっていきます。

例えるなら坂道を転げ落ちるスノーボールのように、時間が経てば立つほどあなたの資産は膨張していくでしょう。

注意点として私が紹介する書籍は短期間であなたを億万長者にするものではありません。

もしあなたが短期でギャンブル的に大金を稼ぎたいのであれば、このページを閉じて他のサイトを検索することをおすすめします。

TK
TK
前置きはこれくらいにして、早速おすすめの書籍を紹介していきますね。今回紹介する書籍は私自身がしっかり読み込んだ自信をもっておすすめできる書籍たちです。

投資の始め方に関する書籍

以外に思われるかもしれませんが、「投資の始め方に関する書籍」は一冊あれば十分です。それよりも「投資の知識を得るための書籍」を読むことに時間を使うべきでしょう。

なぜなら、はじめ方にそんなに難しいことはなく、大切なのは投資に対する深い知識だからです。

投資をしていると大儲けすることもあれば大暴落により大損することもあります。

TK
TK
TKも1000万が500万にといった経験を普通にしています。そういった恐怖感に打ち勝つためには正しくて深い知識が必要です。

最初にご紹介するのは米国株投資ブロガーのたぱぞうさんの書籍です。

こちらの書籍は株式投資によりセミリタイアを目指す方法が掛かれたものですが、セミリタイアを目指さない人にとっても大変参考になります。

特に資産ステージに分けてどのような投資をしていくべきか記載されていますので、あなたのステージに合わせて投資手法を学ぶことができます。

100万円からスタートするための手法も記載されていますので、投資をスタートする際に読むのにもってこいでしょう。

注意点としては、基本的に個人投資家は全世界株式ETFなど広く分散された投資商品を活用すべきですが、たぱぞうさんは特に初期は攻めの投資を提唱されています。

その点は個人の考え方によると思いますので、ご自身で判断してもらえればと思います。(私はたぱぞうさんの考えに賛成です)

投資の基礎知識を得るための書籍

続いて投資の基礎知識を得るための書籍を紹介していきます。

専門的な書籍は難易度が高い場合もありますので、最初に各書籍の難易度を記載しておきます。(完全にTKの独断)

  • ウォール街のランダム・ウォーカー(難易度★★★★)
  • 敗者のゲーム(難易度★★★★)
  • 父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え(難易度★★)
  • FIRE 最速で経済的自立を実現する方法(難易度★★)
  • DIE WITH ZERO (難易度★★)
  • バビロンの大富豪(難易度★)

どの書籍も私が心から読んでほしいと思う最高の投資の教科書です。

それぞれどんな書籍なのか紹介していきますね!

ウォール街のランダム・ウォーカー(難易度★★★★)

ページ数も多く、内容も若干難しいため最初にこれを読むと挫折する可能性もあります。

内容は「個人投資家がどのようにして資産を築くか」に商店が当てられています。

ウォール街のランダム・ウォーカーは現在第12版となっており、初版から45年以上の歲月が流れているのにも関わらず、廃れるどころか輝きを増している名著中の名著です。

著者のバートン・マルキールは世界的な投信会社であるバンガード・グループの社外重役として活躍したり、プリンストン大学名誉教授、ウェルスフロント、インク チーフ・インベストメント・オフィサーなど凄まじい経歴の持ち主です。

TK
TK
TKはバートン教の信者かつバンガードの熱狂的なユーザーです

バートン・マルキールのメッセージは「個人投資家にとって、個々の株を売買するのではなく、ただただインデックス・ファンドを保有してじっと待っている方が良い結果を生む」というものです。

ウォール街のランダム・ウォーカーが長年読まれ続けているのが、このメッセージの正しさを証明しています。

敗者のゲーム(難易度★★★★)

個人的にはウォール街のランダム・ウォーカーと伝えたいことは似通っていると感じています。

同じメッセージを複数の書籍から取り入れることにより、理解を深めることができるはずです。

著者のチャールズ・エリスはイエール大学財団基金投資委員会委員長や米国公認証券アナリスト協会会長、バンガード取締役などを歴任しています。

特筆したいのはイエール大学での投資委員会委員長をしていた経歴です。

日本と違い米国の大学は保有する資金を投資して利益を上げることで設備投資や教育、研究資金を賄っています。

これはとても大切なことで国に依存しない独自の資産管理を行うことで積極的に教育に投資をすることができているんですね。(ぜひ日本の大学も頑張って欲しいものです)

敗者のゲームも1985年に発刊されてから第6版まで改訂されてきています。

基本的なメッセージは「ポートフォリオには自ら責任を持ち、ウォール街の甘い囁きにはきをつけろ」というものです。

まさに私が伝えたいのもここで、最近は投資系YouTuberやTwitterを情報源として投資をして大損している人も増えているようです。

投資に自ら責任を持って知識をつけて対抗することは本当に大切です。

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え(難易度★★)

この書籍が教えてくれるのは主に以下の3つの教訓です。

  • 支出は稼ぎより少なくする
  • 余りは投資する
  • 借金をしない

なんだそんなことか、と思われた方もいるかも知れません。

でもこれこそが投資を始めるに当たり最初に手を付けるべき重要ポイントなんです。

TK
TK
この基本が出来ていなかったら、そもそも投資というゲームに参加できません。生きていると3つの教訓を邪魔する誘惑にたくさん遭遇します。私達は備えなくてはならないのです

著者のジェイエル・コリンズはファイナンシャル・ブロガーです。

バンガード創業者のジャック・ボーグルを信じインデックス投資で経済的自由を手に入れています。

ウォール街のランダム・ウォーカーよりもわかりやすいけど、内容は非常に近いものがあります。

注意点としては著者がアメリカ人でありアメリカの投資ルールに則って書かれた本であるということです。

この書籍の中で紹介される投資商品の中には日本では購入できないものもあるし、401Kなど日本にはない(近いものはある)投資方法の活用方法が書かれています。

それを踏まえても、圧倒的に役立つ書籍であることは間違いありません。

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法(難易度★★)

created by Rinker
¥1,782
(2021/11/29 12:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

あなたはFIREしたいですか?

FIREを目指しているあなたも目指していない方も参考になる一冊がこの「FIRE」です。

この投資本の面白いところは、有限な人生の中で貴重な「時間」をいかに最大化するかに焦点をあてている点です。

あなたはなぜ投資をするのでしょうか?

高級車を買いたいから?

海外旅行をしたいから?

タワマンに住みたいから?

それもあるかもしれませんが、多くの方はいまの現状を変えたいと思っているのではないでしょうか?

なんとなく未来に不安があって、それでいて今の仕事にも人生にも満足していない。

私はそんな状況を変えたくて投資をスタートした経緯があります。

この書籍はそんな不安を一瞬で吹き飛ばしてくれるような参考になる人生のロードマップを示してくれます。

著者のグラント・サバティエは読者数が1000万人を超える「MillennialMonney.com」の創設者で、CNBCでは「ザ・ミレニアル・ミリオネア」と呼ばれた人物です。

タイトルにもありますが、最速で経済的自由を手に入れるための方法を具体的に解説してくれています。

投資だけでなく、節約・副業についても詳しく書かれています。(投資するためのお金を捻出する方法は本当に大切です)

DIE WITH ZERO (難易度★★)

一見するとなんの本だ?と思われるかもしれません。

この本も投資に関する大切な考え方を教えてくれます。

多くの人は「死ぬとき」が最も裕福です。

TK
TK
不安だから、お金を貯めて貯めて最後まで使わずになくなっていくんですね。もしくは最後に医療費として消えていきます。そんな人生は送りたくないですよね

投資をしていると(インデックス投資)あなたの資産は年利5%ほどで増えていきます。

一定の額を超えてくると生活に必要な費用を年間配当が上回ってきます。

死ぬときにゼロでいいと考えたら、そこまで必死に稼いで投資する必要はないんですね。

 

著者のビル・パーキンスはアメリカ領ヴァージン諸島を拠点とするコンサルティング会社BrisaMaxホールディングスのCEOです。

お金を稼ぐことに囚われて、お金をたくさん持っているのに不幸な人生を送っている人を沢山見てきたことから、この「DIE WITH ZERO」を執筆しました。

あなたの出口戦略に必ず役立つ一冊になるはずです。

バビロンの大富豪(難易度★)

1920年代に初版が出版された、「黄金の知恵」を授けてくれる不滅の一冊です。

私はオーディブルで何度も何度も聞いて学んだ思い出の一冊です。

この書籍はお金に関する普遍的な真理をストーリーにのせて教えてくれます。

引き込まれるストーリーを読んでいるだけで、自然とお金に関する大切な知識が手に入ります。

  • 稼いだお金のの1/10は貯金する
  • 無駄遣いをしない
  • お金に働いてもらう
  • 投機に走らない
  • 長期投資をする

箇条書するとなんだか当たり前のことのように見えてしまいますが、「バビロンの大富豪」を読むことでその大切さを痛感することでしょう。

バビロンはその時代に最も栄えた黄金都市です。

そのバビロンの黄金の知恵を手に入れることで、あなたの投資ライフをより確かなものにしましょう。

 

まとめ

投資をする上で大切なのは、どんな状況になってもうろたえない精神を形成するための深い知識です。

誰かがいったことを真似するだけでは必ず失敗します。

投資に王道はありますが、それを長期間守って投資するのは想像以上に骨が折れます。

TK
TK
TKも何度も失敗しながら、資産を増やしてきました。その過程を経験したからこそ、これらの書籍の内容が重要だと心からオススメすることが出来ます。

投資を始めるのは簡単ですが、それを継続できる人、お金を長期的に増やすことができる人は少ないです。

書籍が与えてくれる知識があれば成功できた人は少なくないでしょう。

あなたには是非とも長期投資の継続に成功し、最高の人生を送ってほしいと思っています。(私も道半ばですが、、、)

一緒にインデックス投資の長期投資ライフを頑張っていきましょう!

資産成績を一元管理できる家計簿アプリを無料でダウンロードできます。

おかねのコンパス:金融機関口座やクレカ、ポイントだけでなく年金や保険までまるごと見える化できる資産管理アプリ

資産運用の大切さはわかっているけど、投資するためのお金が無くて悩んでいませんか?本アプリはマネーフォワードとの共同開発により

  • 連携サービス数が日本最大級
  • 登録口座数が無制限
  • 一括更新が無料
  • 金融機関なみのセキュリティ

 

など、資産を見える化するために必要な機能を、完全に無料で提供することを実現しています。ぜひ、あなたの資産管理にもご活用ください。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較オススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。マネーフォワードとおかねのコンパスの特徴も比較しているので、違いについて理解することもできます。無料で資産管理したい方に必見の記事です。...
最新の記事
あわせて読みたい