投資の基本

【実例紹介】ドルコスト平均法を徹底解説!!~長所と短所・始め方・自動化できる証券会社の比較~

投資家
投資家
 ドルコスト平均法が良いって聞くけど実際にはどんな投資法なんだろう?これから始めるので長所や短所、はじめ方まで詳しく知りたいなぁ 

 

TK
TK
ドルコスト平均法は低リスク・スタートタイミングフリー・少額でも始められる・自動化しやすいとメリットの多い投資手法です。今回は私が楽天証券で1ヶ月実践した結果も交えて説明していきますね! 

本記事の内容

  • ドルコスト平均法の概要
  • 一括投資との比較
  • 実際にドルコスト平均法をやってみた感想
  • メリット・デメリット
  • ドルコスト平均法をやるのにオススメの証券会社

この記事の著者

  • 投資歴14年
  • 米国株投資家Youtube(登録者数7000人)
  • 製薬会社の広報担当
  • 投資対象→米国株ETF✕日本株(高配当、優待、グロース)✕中国株

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
よかったらこちらも参考にしてみてください。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

ドルコスト平均法はきちんと理解すれば、あなたにとって頼りになる武器になるはずです!

そのために必要な情報をできる限り網羅的に紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね!!

ドルコスト平均法ってどんなもの!?

ドルコスト平均法は「毎月一定額で投資を行う手法」です。

wikiには以下のように記載されています。

ドル・コスト平均法dollar cost averaging、DCA)とは、株式投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

引用:wikipedia ドルコスト平均法

ドルコスト平均法はなにも難しい投資手法ではありません。

投資をする場合、様々なリスクを低くするために分散することが重要です。

  • 時間の分散(ドルコスト平均法)
  • 銘柄の分散(投資信託やETF)
  • 地域の分散(eMaxisslim全世界株式など)
  • 通貨の分散
  • 投資対象の分散(株・債権・コモデティ・仮想通貨)など
TK
TK
様々な分散がある中で時間分散することがドルコスト平均法といって良いでしょう。

ドルコスト平均法のメリット・デメリット

ドルコスト平均法は万能な投資手法ではありません。

TK
TK
やれば100%儲かるってものではないので注意が必要。メリット・デメリットを理解しておこう!

ドルコスト平均法のメリット

メリットは以下の通りです。

  • 高値づかみを防ぐことができる
  • 株価が高いときに少し買い、安いときにたくさん買える
  • 投資を継続しやすい(恐怖を感じにくい)
  • 下落がご褒美になる
  • いつでもスタートできる(高値づかみの心配がほぼない)

以下はアクサのwebサイトからの引用ですが、非常にわかりやすくドルコスト平均法の概念を紹介しています。

 

TK
TK
株価が下がったときは10株買えていますね!暴落していてもなぜかお得に気がしてしまいます

株価はランダムウォークするので、「いつ株価が上がるのか、下がるのか」は予測不可能です。

ドルコスト平均法であれば、株価の予測不可能性に対してリスクヘッジすることが出来ます。

TK
TK
個人投資家が株式投資で勝つためには長期投資は必須の戦略です。ドルコスト平均法を取り入れることで長期投資を継続しやすくなるメリットもあります

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法のデメリットは以下の通りです。

  • 短期間では儲からない
  • 一括投資に成績で負けることもある
  • もちろん損する場合もある
  • 20年、30年スパンの投資になる

実際にETFのバックテストツール(過去の値動きでパフォーマンスをテストします)を使ってドルコスト平均法がデメリットになる場合を紹介します。

VTに13年間毎月500ドル投資した場合

VTに13年間毎月500ドル投資した場合VTに13年間毎月500ドル投資した場合
ドルコスト平均法の場合の利益ドルコスト平均法の場合の利益

13年分の投資額(76000ドル)を最初に一括投資する場合

13年分の投資額(76000ドル)を最初に一括投資する場合13年分の投資額(76000ドル)を最初に一括投資する場合
一括投資の場合の利益一括投資の場合の利益

 

TK
TK
米国株が好調であった直近13年間を切り取ると、最初に一括投資したほうが儲かっていたことになります。あくまで一括投資する資金があった場合の話ではありますが、、、

つまり右肩上がりの相場が続いた場合、ちょこちょこ投資するよりも最初に投資するほうが儲かるのでドルコスト平均法は負けてしまうのですね。

TKが1年ドルコスト平均法をやってみた結果を公開

TK
TK
メインは米国株ETFですが、お試しで1年間楽天証券の自動積立でえMaxisslim全世界株式に投資してみました

以下は実際に積み立てた履歴です。
毎月1万円ずつ楽天カード+楽天ポイントで自動の積立投資をしています。

楽天証券でVTを1年間積み立てた結果楽天証券でVTを1年間積み立てた履歴

 

TK
TK
楽天カード+楽天ポイントのコンボはかなりおすすめです。ポイントが貯まるし、ポイントを有効活用することも出来ます
評価損益と損益率評価損益と損益率

 

やはり1年程度ではあまり利益が出ませんね。

損益率としては15%で上々ですが、投資額が月1万円なので評価損益は2万円です。

TK
TK
しかし長期投資はスノーボール。複利の力で長期間投資することにより資産は膨れ上がっていきます!!

例えば米国株の代表的な指数であるS&P500は30年間の年率平均が9.3%です。

 

楽天証券 トウシルより引用 S&P500の30年チャート楽天証券 トウシルより引用 S&P500の30年チャート

 

年率9.2%で30年間運用することをシュミレーションしてみましょう。

年利9.2%で30年間、月5万円投資した場合のシュミレーション結果年利9.2%で30年間、月5万円投資した場合のシュミレーション結果

 

TK
TK
毎月5万円を積み立てるだけで、30年後には資産が1億円を突破しそうになっています。運用益は驚異の7744万円 です!

特に初期の頃は運用益が少ないことがわかります。
20年30年と運用することで複利効果が発揮されてくるので気長に投資を継続していくべきですね!

自動化できる証券会社ランキング

いくつかの証券会社はドルコスト平均法による長期投資を自動化することが出来ます。

TK
TK
今回はドルコスト平均法を自動化できるTKのオススメ証券会社をランキング形式でご紹介します
ランキング1位 楽天証券
楽天証券
TKもメインの証券会社にしている楽天証券が第一位です。
クレジットカードで自動化でき、楽天ポイントを投資に使えるのは大きいですね!楽天経済圏の住民であれば投信積立を行うことで倍率が+1倍になります。
オススメ度
最小投資額 100円
操作の簡単さ 問題なし
強み クレカ払い、楽天ポイント活用可、倍率+1倍
ランキング2位 SBI証券

SBI証券

楽天証券と1位2位を争っているのがSBI証券です。
私も活用していますが最近は2番手に下がってしまいました。
最近は米国株用のアプリも開発されましたが、webページのユーザビリティなどがごちゃごちゃなところがマイナスポイントですね。
オススメ度
最小投資額 100円
操作の簡単さ アプリは使いやすい(webはいまいち)
強み 商品の種類、情報量が多い
ランキング3位 LINE証券
第3位はLINE証券です。
LINEポイントを多く保有している場合などは選択肢に入ってきます。
投資信託の種類が30種となっており、プロが厳選していることから、種類が多くて迷ってしまうことはないでしょう。
オススメ度
最小投資額 100円
操作の簡単さ
強み LINポイント、オリジナル投資信託あり、ETFも積立可
ランキング4位 PayPay証券

PayPay証券の最小積立額は1000円からですが、面白いことに米国株ETFを積み立てることが可能です。
ETFの種類は少ないですが、VIGやVTI、VYMなど主要なETFが揃っているところも評価ポイントですね。
オススメ度
最小投資額 1000円
操作の簡単さ つみたてロボアプリで簡単投資
強み 1000円から簡単に米国株ETFに投資できる
ランキング5位 松井証券
松井証券【投信工房】
松井証券はロドアドバイザーによりオススメの投資信託を教えてくれます。
基本的には手数料が安く分散が効いている商品を選べばよいのですが、初めての方には嬉しいサービスかも知れません。
オススメ度
最小投資額 100円
操作の簡単さ 問題なし
強み ロボアドバイザーによりオススメの投資信託を教えてもらえる
ランキング6位 マネックス証券
マネックス証券_投信つみたて
マネックス証券も基本的なところは抑えられています。
積立を始める上でなんの問題もないでしょう。
ランキング上位の証券会社はプラスアルファで特徴があるのでこの順位になりました。
オススメ度
最小投資額 100円
操作の簡単さ 問題なし
強み マネックスポイントが貯まる

ドルコスト平均法はどうやって始めればいいの!?

今回は私が愛用している楽天証券でドルコスト平均法を使った投資信託の自動積立やり方を紹介します。

楽天証券で投信積立を自動化する方法①楽天証券で投信積立を自動化する方法①

 

トップページから投資信託→投信積立をクリックして、投資したいファンド名を入力します。

ここではまだどの投資信託を購入すればよいかわからない人もいるかも知れません。

TK
TK
そんなときは楽天証券が提供している「投信スーパーサーチ」を使ってみて下さい。コツは「インデックスのみ」を選択して、「管理費用」を昇順にすることです。
投信スーパーサーチの使い方投信スーパーサーチの使い方

これで上位表示されてくる投信は信頼にたる商品ばかりです。

TK
TK
ここでは一例としてeMaxisslim全世界株式を選択しました。買付手数料なしで管理費用が0.1%程度であれば合格です。

ここから積立投資のボタンをクリックして下さい。

引き落とし方法は楽天クレジットカード決済を選択引き落とし方法は楽天クレジットカード決済を選択

これによりカード決済100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

積立金額はお好みの額を入力して下さい。

TK
TK
ポイント利用設定に関しては「すべての利用可能ポイントを使う」を選択することをおすすめします

あとは分配金コースと講座の選択をすれば完了です。

TK
TK
分配金は「再投資型」で口座区分は「特定」を選択するのがおすすめです。一般にしてしまうと税金の申告・手続きが面倒になります

たったこれだけで投資信託のクレカによる自動化設定は完了です!!

出口戦略も考えておこう!

TK
TK
あなたは何のために投資をするのでしょうか?お金を増やすため?もちろんそれもあるでしょう。しかし真の目的は人生をより充実させ幸せに生きていくためではないでしょうか?

ひとはいつか死にます。

死ぬ間際が一番お金持ちでも嬉しくないですよね?

だからこそあなたは投資信託を始めるときにぼんやりとでもいいから出口戦略を考えておくべきです。

  • あなたはいくらあれば生活していけるのか?
  • あなたの資産が複利で増えていく場合、最低いくらあればよいか?
  • 人生で大切なことにお金は使えているか?
  • 後悔していること、やり残していることはないか?

ぜひこの機会に考えてみていただけると嬉しいです。

まとめ

ドルコスト平均法はたしかに万能ではありませんが、個人投資家にとって限りなく最適解だと考えています。

TK
TK
世界の人口は増え続けていて、上下はあるものの継続的に株価は上昇しています。

米国株などは長い目で見ると100年近く上昇を継続しています。

S&P500の長期チャートS&P500の長期チャート

 

途中の暴落や急騰に耐えなければ資産を拡大することは出来ません。

ドルコスト平均法でリスクを下げて長期投資することで資産は拡大することが出来ます。

TK
TK
長期投資を始めるために読むべき名著は以下の記事にまとめているので参考にしてみて下さい!!
【必読】株式投資を始めるときに読むべき本を徹底紹介 本記事の内容 投資用書籍の選び方 TKおすすめの投資本の紹介(始め方) TKおすすめの...

 

資産成績を一元管理できる家計簿アプリを無料でダウンロードできます。

おかねのコンパス:金融機関口座やクレカ、ポイントだけでなく年金や保険までまるごと見える化できる資産管理アプリ

資産運用の大切さはわかっているけど、投資するためのお金が無くて悩んでいませんか?本アプリはマネーフォワードとの共同開発により

  • 連携サービス数が日本最大級
  • 登録口座数が無制限
  • 一括更新が無料
  • 金融機関なみのセキュリティ

 

など、資産を見える化するために必要な機能を、完全に無料で提供することを実現しています。ぜひ、あなたの資産管理にもご活用ください。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較オススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。マネーフォワードとおかねのコンパスの特徴も比較しているので、違いについて理解することもできます。無料で資産管理したい方に必見の記事です。...
最新の記事