投資の基本

楽天証券でのつみたてNISAの始め方を解説~強み・弱み・口座開設から購入する流れ~

投資家
投資家
 楽天証券でつみたてNISAをやるのがお得って聞くけど本当かな?メリットだけじゃなくてデメリットも知りたい。あと口座開設から買うまでの流れも教えてほしい! 

 

TK
TK
個人投資家がまずやるべきなのが「iDeCo」と「つみたてNISA」です。楽天証券で「つみたてNISA」をやることは一つの最適化と言えるでしょう。今回は全体像を解説していきます!!

本記事の内容

  • つみたてNISAの概要
  • メリットとデメリット
  • 楽天証券で積み立てるメリット
  • 口座開設の方法
  • 実際に購入するまでの流れ
  • 30年間の運用シュミレーション

この記事の著者

  • 投資歴14年
  • 米国株投資家Youtube(登録者数7000人)
  • 製薬会社の広報担当
  • 投資対象→米国株ETF✕日本株(高配当、優待、グロース)✕中国株

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
よかったらこちらも参考にしてみてください。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

人生100年時代ということで、将来に対して不安を感じているひとは多いと思います。楽天証券でつみたてNISAを実践すれば悩みの多くは解消されるはずです。

日本政府が個人で資産形成してほしいと考えて設計した制度なので、使わない手はありません。しっかりと解説していきますね!

つみたてNISAの概要

wikipediaのつみたてNISA解説

少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど、NISA = ニーサ)は、日本における株式や投資信託の投資金における売却益と配当への税率を一定の制限の元で非課税とする制度[1][2]

NISAには4つの種類があり、それぞれ非課税となる期間や投資対象、運用期間に定めがある[3]。金融機関において、この制度が適用される非課税口座を、通常の取引口座とは別に開設する必要がある

wikipediaより引用

TK
TK
通常、売却益と運用益には20%程度の税金がかかってきます。現在日本ではその税金を30%に上げようという議論もされていますね。その点でつみたてNISAは投資家の頼もしい味方です

NISAといっても種類は多様です。今回は3段目のつみたてNISAについて解説していきます。

2024年からは「つみたて」と「一般」が一緒になった新・NISAに移行していきます。

余裕がある家庭ではジュニアNISAを活用して「子供のための投資」に挑戦するのも一つでしょう。

金融庁のつみたてNISA解説

つみたてNISAは20歳以上から利用することが出来ます。

TK
TK
つみたてNISAと一般NISAはどちらかひとつしか選べません。もし違う方にしたい場合はweb申請で変更も可能です。

NISAはある程度リスクのある株式などにも投資できますが、つみたてNISAは厳選された投資信託やETFにしか投資できません。

ある意味、長期投資のために最適な投資対象が厳選されているので初心者にはちょうど良いかもしれませんね。

一般NISAは非課税期間が5年であるのに対して、つみたてNISAは20年と長く保有することが出来ます。

TK
TK
20年✕40万で最大800万円の投資が非課税になります。運用益が数百万になることも想定されるので本当にありがたい制度ですね

特徴まとめ

現在、金融庁が公表しているつみたてNISAの対象数は199本になります。

TK
TK
国内外の幅広い投資商品が用意されています。これから投資を始める場合は国内外へしっかり分散させ、できるだけ手数料が低い投資信託を選択すると良いでしょう 

日本人は日本に住んでいるだけで一定程度「日本」というリスクを背負っています。そのため国内株の投資信託に集中することはおすすめしません。

現在、つみたてNISAでは信託報酬率(手数料)の上限が0.75%と定められています。
つまり個人投資家が投資するのに手数料が高いものは好ましくないと考えられているのですね。

反対に信託報酬率が引く優秀な投資信託の割合は増加傾向にあります。それだけ投資家のニーズが高いということかもしれませんね。

つみたてNISAにも含まれていて投資家に大人気の「eMaxisslim米国株式」は発売した2018年より70%ほどの上昇を記録しています。

米国株の20年間の平均リターンは9.3%です。もしつみたてNISAで20年間、月3万3333円を投資していたらどうなっていたでしょうか?

TK
TK
シュミレーションをしてみると20年間で運用総額が2313万円になっています。この中で1513万円が運用益です。(本来税金がかかる部分)つみたてNISAを活用することで302万ほどの利益を守れたことになります

つみたてNISAのデメリット

年間40万円まで

年間40万円と聞くとちょっと少ないように感じてしまうかもしれません。しかし夫婦で投資をすれば80万円。子供のジュニアNISAを活用することでプラス80万円投資することが出来ます。
その他にiDeCoや確定拠出年金を考えると将来のための投資としては十分かもしれませんね。

投資信託の選択肢が少ない

つみたてNISAの投資対象は最大で199本です。証券会社によって多いところと少ないところがあります。
こう見ると選択肢の多い一般NISAに魅力を感じてしまうかもしれませんね。(一般NISAは年間120万円投資出来ますし)
しかし個人投資家にとって投資の選択肢が少ないことはメリットにもなります。そんなに多い必要はないんです。
厳選された199銘柄の中でも、選ぶべき優秀な投資信託は数種類です。それさえわかっていれば選択肢の少なさは問題になりません。

元本保証ではない

これはどの投資にも当てはまりますね。
国の制度であるつみたてNISAであっても元本は保証されません。もし大暴落が来た場合、あなたは大きな損害を被るかもしれません。
しかしつみたてNISAのように分散された投資商品に対し、毎月投資で時間分散で投資することによりリスクは大きく低減することが可能です。

すぐには儲からない

楽天積立シュミレーションでも分かる通り、20年間つみたてていく中で利益が増えていくのは運用の後半です。
前半はほとんど儲かっている感じはしないでしょう。

TK
TK
短期間で大儲けしたいと考えている方にとってはデメリットが大きい投資と言えるでしょう

楽天証券で積み立てるメリット

他の証券会社との比較

証券会社名 つみたてNISA
商品数
特徴
楽天証券 172本
  • 楽天ポイントが使える
  • 自動積立ができる
  • 楽天カードで決済可能
  • 楽天カードでポイント貯まる
  • ポイントアッププログラム
  • 100円から投資できる
SBI証券 175本
  • 100円から投資できる
  • Tポイントが貯まる使える
  • 自動積立に対応
松井証券 170以上
  • 現金還元サービス
  • 100円から始められる
  • 相談できる
  • 松井証券ポイント
  • 積立投資できる
マネックス証券 151本
  • 100円から始められる
  • 申し込み手数料0円
  • 引き落とし手数料無料
  • 積立投資できる

各証券会社で大きな違いはありません。
投資信託の種類が20本手程度違うだけであれば何も問題はないです。

一方で以下の点で楽天証券は強みがあります。

  • 楽天カードで積立できる
  • ポイント投資できる
  • SPU+1倍

楽天ポイントは各種ポイントの中でも最も貯めやすいポイントですので、稼いだポイントをつみたてNISAに投資できるのは大きなメリットです。

上記の違いは小さな違いではありますが、10年20年と経過することで本当に大きな差になってくるはずです。

日経新聞が無料で読める

楽天証券 webサイトより引用楽天証券 webサイトより引用

楽天証券の強みとして、日本経済新聞社が提供するビジネスデータベースサービスを無料で利用できる点があります。

  • 日本経済新聞 朝刊
  • 日本経済新聞 夕刊
  • 日軽産業新聞
  • 日経MJ
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧
TK
TK
これだけの情報を無料で入手できるのは本当にありがたいですね!!

利用できるのは以下のチャンネルです。

  • iSPEED for iPhone/Android
  • マーケットスピードⅡ
  • マーケットスピード
  • マーケットスピードMac版

楽天カードで決済できる

実はカード決済でつみたてNISAの投資信託に投資できるのは楽天証券だけなんですね。
メリットは以下の2点です。

  • 100円につき1ポイントが付与される
  • 証券口座への入金が不要

20年間つみたてNISAに満額投資をしていくと総額で800万円になります。それを楽天カード決済にすることで8万ポイントが付与されることになるのでバカにできないですよね!

TK
TK
長期投資を継続するためには、限界まで手間を省いて自動化するのが重要です。カード決済にして自分は何もする必要がない状況が理想です。

ポイント投資できる

楽天証券のポイント投資では積立購入にすることで、ポイント投資も自動化することが出来ます。

TK
TK
私は「すべてのポイントを投資する」という設定にしています。不必要なものを買うよりもつみたてNISAに使ったほうが有意義ですよね!

購入時の手数料が無料

楽天証券では購入時手数料が無料です。毎月つみたて投資を行う場合、手数料もバカになりません。

TK
TK
すべてのフェーズにおいて出ていくお金を最小限にすることがとっても大切です!!

一方で委託会社、販売会社、受託会社に対し信託報酬は払う必要があります。

楽天証券で口座開設する方法

ここからは実際に楽天証券で証券口座を解説する方法を解説していきたいと思います。
多くの人は投資が大切だとわかっていても、なんだか怖いからと言って始めません。

大切なのは勇気を出して一歩進んでみることですね。

口座開設ページから申し込み

楽天証券のトップページから「総合口座の申込み」をクリックします。最短5分、3ステップで申込みが完了するのは嬉しいですね!

楽天証券 口座申込みより引用楽天証券 口座申込みより引用

②楽天会員の方をクリックして先に進みます。本人確認書類はPCからアップロードするのが簡単で早いのでオススメです。

楽天証券の口座申込み 本人確認書類の選択楽天証券の口座申込み 本人確認書類の選択

③続いてスマートフォンを使って本人確認を行います。
スマートフォンで免許証かマイナンバーカードのオモテウラ、カードの厚みを撮影します。

その後、個人認証として自身の写真、遠近法を使った本人認証を行って認証完了です。

その後、スマートフォン上で個人情報の入力を行います。

TK
TK
以前だと証券会社から書類が届く→情報を記入する→免許証や保険証をコピーする→返送。といった手間がかかっていたので随分楽になりました
楽天証券

楽天証券でつみたてNISAを購入する流れ

投資信託の選び方

楽天証券ではつみたてNISAに投資できる投資信託が177本あります。

TK
TK
多すぎるのでまずは投信スーパーサーチを使って厳選していきましょう
投信スーパーサーチを使って銘柄を厳選投信スーパーサーチを使って銘柄を厳選
  1. 検索条件のところの取引種別→つみたてNISAをクリック
  2. ソート欄(灰色)の管理費用もしくは買付ランキングをクリック
  3. 上位の銘柄で気に入ったものを選択

これだけです。

TK
TK
これからの10年で日本株が上がるか米国株が上がるか、新興国株が上がるかは誰にもわかりません。なので私は「eMaxisslim全世界株式」を毎月つみたてています。

楽天証券のつみたてNISAで買える商品

楽天証券 webサイトより引用楽天証券 webサイトより引用

今、最も人気がある投資信託です。
信託報酬は驚異の0.1%未満の0.0968%。文句の付けようがありません。

TK
TK
投資の世界で面白いのが、信託報酬が高いからといって儲かるとは限らないというところです。eMaxisslim米国株式は低コストですが、他の多くのアクティブファンドよりも高いパフォーマンスを上げています
楽天証券 webサイトより引用楽天証券 webサイトより引用

私の一押しはeMaxisslim全世界株式です。
多くの著名な投資家も理論上最も望ましい投資商品は全世界株式へ投資できるインデックスファンドだと言っています。

信託報酬はeMaxisslim米国株式より高いですし、直近10年のパフォーマンスも負けています。

しかし向こう10年がどうなるかは誰にもわかりません。

TK
TK
米国株のパフォーマンスを疑うわけではないですが、米国が傾く可能性もゼロではありませんので私は全世界に資産をベットしています

eMaxisslim全世界株式にはデメリットもあります。
実は米国の割合が50%を超えてしまっているんですね。

なので3地域を均等分散した銘柄なども面白いかもしれません。

TK
TK
あまりにも米国人気がすごいので、過熱感を感じる方はこのような選択肢を検討してみてはどうでしょうか

より分散性を高めたい投資家はこのような選択も面白いかもしれません。
国内外の株式・債権・リートに投資する商品です。

分散に手間がかかっている分、管理費用は1.54%と少し高めですが許容範囲内でしょう。

20~40代のある程度リスクを取れる投資家であれば株式一本で行ったほうが投資効率がよいかもしれません。

TK
TK
50代以上であったり、環境的にリスクが取りにくい場合の選択肢となってくるでしょう。
楽天証券

30年間の運用シュミレーション

複利の威力

「複利は人類による最大の発明だ」とアインシュタインは言ったそうです。
それほど複利の威力は強力で、個人投資家の強い味方だということです。

複利とは「毎年の利息を元本に加えて運用」する運用方法です。
つまり10年後には利息の利息の利息の利息の・・・・・・・・利息が得られるわけですね。

数年では複利の威力を感じるのは難しいかもしれませんが、20年30年と投資を継続することにより、威力は大変なもの担っていきます。

年利が何%であるかが重要になっていますが、直近20年間のS&P500の利回りは9.2%、全世界株式の平均的な利回りは5.97%です。

楽天積立かんたんシュミレーション

楽天の積立シュミレーションは投資の展望を考える上でとても便利なのでぜひ使ってみて下さい。

人生100年時代と言われ、今後は多くの人が想像以上に長生きするようになります。
私は今34歳ですので74歳まで投資をすると考えてシュミレーションしてみたいと思います。

年利9.2%(ちょっと高すぎますがシュミレーションですので)、毎月3.33万円積み立て、40年間継続。

楽天積み立てシュミレーション楽天積み立てシュミレーション

40年間も積み立てると、複利で増えた運用益が大半を占めるようになってしまいますね。

  • 運用総額:1億6560万円
  • 運用益:1億4961万円
  • 積立金額:1599万円

年利が凄まじい設定だったのも要因ですが、複利の力の凄さを感じることができるのではないでしょうか。

継続するためのポイント

これほど素晴らしい積立投資ですが、実際に継続できる人は一握りです。
飽きてしまったり、短期投資に目がくらんでしまったり、浪費に走ってしまったりするんですね。

つみたてNISAによる長期投資を継続するコツは以下の通りです。

  • 投資プロセスを自動化する
  • 時間・対象・地域・通貨を分散する
  • 余剰資金で投資する
  • 長期投資に関する知識をつける
TK
TK
難しい話ですが、結局は忘れてしまっているくらいがちょうどいいのかもしれませんね

まとめ

楽天証券でつみたてNISAを活用して投資信託に投資することは、将来のお金の不安を消す近道になります。

日本の人口は減少していくし、国の借金は膨れ上がっています。
国もこれまでどおりの社会保障を維持するのはどうやら無理そうです。
自分や大切な家族を守れるのは結局は自分しかいないんですね。

私は自身の学んだ知識を発信することで、一人でも多くの人が投資を初めてより豊かで幸せな人生を送れるようになってほしいと思っています。

ぜひ他の記事も参考にしてマネーリテラシーを高めて下さい。

【実例紹介】ドルコスト平均法を徹底解説!!~長所と短所・始め方・自動化できる証券会社の比較~ 本記事の内容 ドルコスト平均法の概要 一括投資との比較 実際にドルコスト平均法をやって...
初心者が株式投資をイチから少額で始めるための情報まとめ~月1000円からでも投資で資産を築ける!!~ 本記事の内容 オススメの証券会社をランキングで紹介 少額から始めるベストな方法を紹介 ...
最新の記事