中国株

【中国株】暴落したら買いたいハンセン指数の特徴まとめ

この記事で解決できるお悩み

中国株に分散投資するにはどうすればいいの?

ハンセン指数ってどんな特徴があるのか知りたい

Tracker Fund of Hong KongってどんなETFなの?

TK
TK
こんな悩みを解決できる記事を書きました。

米国株YouTuberとして7000人のチャンネル登録者がいます。
Twitterで最新の情報を発信しています。サブチャンネルで中国株投資の解説もしていました

TK'sマネースクールのYouTubeチャンネルの画像

2020年に米国株ETFの情報を毎日配信することでチャンネル登録者7000人を達成しています。バンガード信者でVOOを毎月積立投資しています。

もし中国株ETFやハンセン指数に興味があるなら、ぜひ、このページを読んで下さい。中国株ETFにはある程度最適解があります。米国1強の時代だからこそ、敵対している中国の株式市場を理解しておくことは価値があります

中国株ETFへ投資することは、あなたのポートフォリオの分散性を高め、不必要なリスクを低減させることに繋がるでしょう。

ハンセン指数とは

ハンセン指数は香港市場を代表する株価指数です。1964年にハンセン銀行が開発し、1964年に公表されました。

指数構成銘柄はよく入れ替わるのですが、香港証券取引所に上場している銘柄のうち、時価総額や流動性の高い銘柄に限定して算出しています。

構成銘柄の殆どは中国本土を拠点にビジネスを行っており、国有企業も多く含まれています。

ちなみにハンセン指数は時価総額加重平均型の指数です。

構成銘柄数は変動しますが、現在は60程度となっています。

以下の図はハンセン指数の1987年からのチャートです。

1987年から右肩上がりといえば右肩上がりですが、2008年の高値を超えられていないようにも見えます。

不動産や電力の問題が燻っている状況ですが、長期チャートで見るとまだまだ下落する余地はあるように見えますね。

世界主要株式市場のPERグラフ世界主要株式市場のPERグラフ

中国のハンセン指数はPER10.45です。

ハンセン指数は金融セクターの比率が高いこともあり、もともとPERは低めです。高いときも20程度。平均は15程度といったところでしょうか。

間違いかな?と思いましたが日経平均株価指数を追加したチャートが下の図になります。

日経平均とハンセン指数日経平均とハンセン指数

日本が暗黒の30年間を過ごしているのがよくわかります。

こういったチャートを見ると経済成長している国へ投資することの重要性を感じます。

構成銘柄

構成上位10銘柄は以下のとおりです。

銘柄名 セクター 構成比率
Meituan Dianping 情報技術 8.18%
AIA Group Ltd 金融 7.99%
テンセント 情報技術 7.92%
アリババ 情報技術 7.09%
HSBC Holdings 金融 6.67%
中国建設銀行 金融 4.74%
Hong Kong Exchanges & Clearing 金融 4.53%
WuXi Biologics ヘルスケア 3.58%
シャオミ 情報技術 2.73%
平安保険 金融 2.65%

国有企業とハイテク企業が入り乱れています。

最近の中国政府の制作によりテクノロジー系の銘柄が苦境に立たされていることもあり、ハンセン指数の最近のパフォーマンスは冴えない感じですね。

中国株式市場は情報が少なく、ボラティリテーも大きいので、ハンセン指数のようなパッケージ商品を選択するのが賢い選択でしょう。

セクター比率

続いてセクター比率を紹介していきます。

セクター 比率
金融 34.93%
情報技術 25.92%
一般消費財 10.31%
不動産と建設 7.58%
ヘルスケア 5.22%
公共事業 2.99%
エネルギー 2.56%
コミュニケーションサービス 2.45%
資本財 2.37%
生活必需品 2.01%
コングロマリット 1.57%

ご覧の通り金融セクターが多いのがハンセン指数の特徴です。

現在は不動産の問題で揺れに揺れていますが、結局お金を貸しているのは銀行ですので、問題が深刻化した場合、ハンセン指数は大きく下落する可能性は高いでしょう。

Tracker Fund of Hong Kong

ハンセン指数に連動するETFを買いたい場合、Tracker Fund of Hong Kongがおすすめです。

Stock Codeは「2800」です。

オススメの理由は経費率の低さで、中国株ETFでは驚異の0.1%です。

このETFは香港市場に上場しているので、香港ドルに両替した上で売買する必要があります。

楽天証券の中国株ETFランキングでは堂々の1位となっており、人気のETFとなっています。

Tracker Fund of Hong Kongはステート・ストリートという世界有数の資産運用会社が運用するETFなので安心して投資することができます。

まとめ

今回は中国の代表的な株式指数であるハンセン指数をご紹介しました。

日本に住んでいると中国株の情報はあまり入ってこないので、ハンセン指数のような代表的なインデックスに連動するETFを売買するのがおすすめです。

中国はこれから人口減少フェーズに入る上、トップの独裁的な政治が展開されているので、投資は少々ためらわれますが、世界的に有名なテクノロジー企業を多数有しているので魅力があるのも事実です。

ハンセン指数にはテンセントやアリババなどテックカンパニーもしっかりと含まれていますしね。

 

投資をする場合、そのパフォーマンスを決定する要因の90%はアセットアロケーションだそうです。

ポートフォリオを多様化させるのに中国株ETFを追加するのはありかもしれませんね。

バンガードの投資哲学~経済的成功への4原則バンガードの英語版サイトにしかない「投資の原則」を翻訳しわかりやすくまとめています。すでにバンガードは日本から撤退していて日本語版を読む事は出来ないので、この記事を参考にして下さい。...
資産成績を一元管理できる家計簿アプリを無料でダウンロードできます。

おかねのコンパス:金融機関口座やクレカ、ポイントだけでなく年金や保険までまるごと見える化できる資産管理アプリ

資産運用の大切さはわかっているけど、投資するためのお金が無くて悩んでいませんか?本アプリはマネーフォワードとの共同開発により

  • 連携サービス数が日本最大級
  • 登録口座数が無制限
  • 一括更新が無料
  • 金融機関なみのセキュリティ

 

など、資産を見える化するために必要な機能を、完全に無料で提供することを実現しています。ぜひ、あなたの資産管理にもご活用ください。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較オススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。マネーフォワードとおかねのコンパスの特徴も比較しているので、違いについて理解することもできます。無料で資産管理したい方に必見の記事です。...
最新の記事