FIRE

なぜバンガードETFが投資家から選ばれるのか?特徴と投資信託との違いを解説

こんな人へおすすめの記事

バンガードのETFのどこがいいのか詳しく知りたい

ETFと投資信託の違いについて知りたい

バンガードの代表的なETFについて詳しく教えてほしい

TK
TK
この記事を読むことで、 バンガードのETFがなぜ投資対象として優れているのかを理解することができます。 

米国株YouTuberとして「TK’sマネースクール」というチャンネルを運営しており、約7000人の登録者がいます。
TwitterPostprimeでも情報発信しています。

もしあなたが資産拡大を狙っていてバンガードのETFについてより詳しくなりたいと思っているのならぜひ、このページを読んで下さい。バンガードが長年愛され続け、ETFの純資産額が上昇し続けている理由がわかるはずです。

そしてこの記事を読み終えた頃にはバンガードETFの価値を理解し、あなたもバンガード教の一員になっていることでしょう。

ETFの特徴

ETFへ投資することのメリットは大きく分けて3つ。投資対象を簡単に多様化できる、少額投資が可能、リアルタイムで取引できる。の3点です。

あなたが長期投資で資産を増やしていきたいと考えているのなら、間違いなく最適な投資対象になります。

なぜなら、個別株の動向は、長期で考えるとあまりにも不確定すぎるからです。30年後まで存続が約束されている個別株はないですが、人気のETFは存続している可能性が限りなく高いです。

ETF

ETは「上場投資信託」という意味で、おなじみの投資信託が証券取引所に上場されていることを意味します。個別株と同じようにリアルタイムで取引できるのはそのためです。

Fは「ファンド」を意味します。株式はいち企業を指しますが、ETFは数十、数百、場合によっては数千の株式もしくは債券を集めた集合体です。

S&P500のを指標とするインデックスファンドの代表例がVOOであり、バンガードの看板ETFとなっています。インデックスをファンド化することで高い分散性と低コストの両立を実現しています。

個別株ではなくETFを選ぶ理由

リスクが少ない

一つの株式のパフォーマンスを予測するのはプロでも困難ですが、ETFであれば複数の株式の一部は上昇し一部は下がることにより、安定したパフォーマンスを実現することができます。

またS&P500やナスダック100などの指数は自動で調子の悪い銘柄を入れ替えてくれる自浄機能があるため、低リスクで投資することが可能です。

もちろん数千の株式で構成されているのであれば、1社くらいが倒産としても影響は極めて軽微となります。

人生を180度変えるインデックス投資の始め方を全方位解説インデックス投資の始め方を紹介します。メリット・デメリット、オススメのインデックス、どの証券会社のどの商品がいいのか、この記事を読めば全部わかります。...

労力が少なくて済む

あなたの時間はお金よりも貴重です。どの株が良いかあれこれ時間をかけるのは人生の無駄と言っても過言ではありません。

多くの場合、プロのファンドマネージャーが対応したファンドよりも、バンガードが取り扱っているインデックス系のETFを持つだけでアウトパフォームする可能性が高いということがわかっています。

米国や世界のインデックスは歴史的に見ても年利7~9%で上昇していっています。つまりあなたはETFを最初に選ぶだけで、あとは保有さえしていれば大きな利益を手にすることができるのです。

バンガード:Add an ETF without breaking the bank

ETFと投資信託の比較

ETFと投資信託の類似点

ETFと投資信託を比較してもそれほど大きな違いを見つけることはできません。それほど両者の特徴は似通っているのです。

ETFと投資信託の類似点
  • どちらも株式もしくは債券のお弁当箱である(集合体)
  • どちらも個々の銘柄に投資するよりも低リスク
  • どちらも多種多様な投資オプションが存在する
  • すべてのETF・投資信託ががプロに監督されている
  • どちらもバンガードであれば手数料無料

長期投資において重視すべきは安定性とコストの低さです。バンガードのETFと投資信託は高い次元で両方を満たしています。

バンガードの投資哲学~経済的成功への4原則バンガードの英語版サイトにしかない「投資の原則」を翻訳しわかりやすくまとめています。すでにバンガードは日本から撤退していて日本語版を読む事は出来ないので、この記事を参考にして下さい。...

ETFと投資信託の違い

それほど大きくはありませんが、ETFと投資信託で異なっている点があります。

ETFと投資信託の違い
  • 日本では投資信託のほうが最低投資金額が低い(1円から)
  • リアルタイムで投資したいならETFがオススメです
  • 毎月自動で積み立てたいなら投資信託が良いでしょう(特に楽天証券
  • インデックスファンドに投資したいならETFのが低コストです。(差は縮まってきている)

バンガードのETFの特徴

バンガードの理念は客からお金を搾り取ることではなく、あなたがお金を稼ぐのを助けることです。

世の中には高い手数料で客から必要以上にお金をむしり取ろうとする資産運用会社が存在します。

バンガードはそれらとは一線を画すサービスを提供しているからこそ、ここまで多くの投資家から支持されているのです。

高品質のETF

過去10年間の「様々な運用会社のETF」と「バンガードのETF」を比較したところ、バンガードのETFの81%は平均リターンを上回っていたという結果が出ています。

つまりバンガードは長期に渡って、相対的に競争力のあるファンドを提供してくれるということです。

すべての証券会社には、暴利ではなく、良心的な手数料設計で対応するという法的な義務があります。

バンガードはそれに準じた価格設定となっており、バンガードETFの98%は市場の手数料設定よりも割安となっています。

低いコストのETF

バンガードのETFはVTIやVOO、VTなどの代表的なETFに限りますが、買付手数料無料で取引することが可能です。(日本では楽天証券やSBI証券など限られた証券会社のみ)

また運用手数料に関しても、世界でトップの安さを誇っており、年利0.03%(VOOやVTI)程度で運用を任せることができます。

バンガードのETFは日本の優遇税制であるNISAにも対応しており、年間120万円までインカムゲインとキャピタルゲインが非課税になります。

代表的なバンガードETF

バンガードが提供する世界的に人気なETFを紹介します。

以下のETFは世界最低随順のコストで米国中、もしくは世界中へ分散投資ができるETFです。

あなたは以下のETFへ投資するだけで、世界中へ分散投資することができます。

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

VTIは米国のほぼすべての企業へ投資することができるETFです。

VTIの強みは以下のとおりです。

  • 全米をまるっと買うことができる(分散性)
  • 成長性が良好(キャピタルゲイン)
  • 低コスト
  • GAFAMを買うことができる
  • 小型株もまとめて買うことができる
  • 増配も期待することができる

人口増加とテクノロジーの進歩が著しい米国に簡単に分散投資できるなんて、本当にありがたいですね。

VTIは2011年から2020年までの分配金の増配状況を調べてみると、なんど224%も増配されていることがわかります。高い株価成長性と増配傾向を持ったETFでもあります。

【2021年版】VTIの特徴まとめ|グロース&増配の超優秀ETFの強みと弱み2020年6月のVTI配当金について徹底解説します。VTIホルダーや米国株ETFの長期投資を検討している投資家にとって役に立つ情報です。...

VT

VTは全世界に対し分散投資することができる、現状として最適解に近いETFです。

ここ10年間は米国が強かったですが、ここからの10年はどこが強いか推測するのは難しいです。

しかしVTに投資をすることで、確実に世界の成長リターンを享受することができます

以下の表から分かる通り、VTは2008年から年平均リターンが8.1%となっています。

期間リターン
1年間40.57%
3年間14.66%
5年間14.79%
10年間10.18%
2008年6月24日から8.1%

これは素晴らしいリターンであり、およそ10年で投資している資金は倍になるほどの年平均リターンです。

VTのメリット・デメリット~平均リターン8.1%全世界株式ETF全世界株式ETFのVTは長期投資の最適解として多くの投資家の資金を集めています。今回はVTへ投資するメリット・デメリットについて紹介していきます。...

バンガードETFを買う方法

途中でご紹介したとおり、バンガードETFは一部の証券会社では買付手数料無料で取引することができます。

そんな証券会社について詳しく紹介します。

楽天証券(楽天カードで賢く積み立て)

楽天証券代表的なETFの買付手数料を無料にしています。

買付手数料が無料なETFは以下の通りです。

  • VT (バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)
  • VOO(バンガード・S&P500 ETF)
  • VTI (バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
  • SPY (SPDR S&P500 ETF)
  • RWR (SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF)
  • GLDM (SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト)
  • GDAT (GS MotifデータイノベーションETF)
  • GDNA (GS MotifヘルスケアイノベーションETF)
  • GFIN (GS Motif金融イノベーションETF)

毎月買付をする個人投資家などには嬉しいサービスですね。

楽天証券の特徴
  • 楽天カードで投資信託に投資できる
  • リーズナブルな手数料
  • ポイントが貯まる・使える
  • 楽天のSPUが+1倍
  • 無料で使える取引ツールが充実している
  • 多彩な商品ラインナップ

楽天カード新規入会でもれなく2,000ptプレゼント

大手の証券会社はほとんどスペックに違いはありませんが、楽天証券は楽天ポイントやクレジットカード決済という点で差別化を図っています。

今なら楽天証券で口座を開設することにより登録不要のキャンペーン特典を受け取ることが出来ます。

楽天証券

SBI証券(安心の最大手証券)

SBI証券も代表的なETFの買付手数料が無料です。

以下に具体的な銘柄名を箇条書きにします。

  • VT (バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)
  • VOO(バンガード・S&P500 ETF)
  • VTI (バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
  • IVV (iシェアーズ S&P500 ETF)
  • SPY (SPDR S&P500 ETFトラスト)
  • EPI (ウィスダムツリーインド株収益ファンド)
  • DHS (ウィスダムツリー米国株高配当ファンド)
  • DLN (ウィスダムツリー米国大型株配当ファンド)
  • DGRW (ウィスダムツリー米国株クオリティ配当成長)

楽天証券とは買付手数料無料のETFの種類が少し違います。

SBI証券の特徴
  • 業界屈指の格安手数料
  • Tポイントが貯まる・使える
  • WEBサポート2020年「最高評価」獲得
  • IPO取扱実績No1
  • 米国株式取扱数4008銘柄

日本最大のネット証券会社です。サービスの拡充にも余念がなく、最近は三井住友カードによるクレカ積立のサービスをスタートしています。

今ならSBI証券で 口座開設することによりお得なキャンペーン特典を受け取ることが出来ます。

SBI証券

IG証券(デモトレードで初心者も安心)

IG証券では無料でデモ取引を行うことが可能です。

まずはリスクゼロで株式投資の練習をしたい場合、IG証券を活用すると良いでしょう。

デモトレードのメリット
  • 無料で株取引の練習ができる
  • 合計6000万円の仮想資金が提供される
  • リスクゼロで実際のリアルタイムレートを使ったトレードが可能
  • FXに加えて株価指数や株式、商品もCFDでトレード可能

今なら新規口座解説するだけで最大50,000円もらえるキャンペーンが行われています。

IG証券

まとめ

今回はバンガードのETFについて特徴を詳しく解説しました。

特徴をまとめると以下の通りです。

  • 高い分散性でリスクが低減できる
  • バンガードは圧倒的に低コスト
  • バンガードは買付手数料も無料
  • バンガードは他社のETFと比較してパフォーマンス良好
  • ETFは手間がかからないので時間が無駄にならない
  • 個人投資家の長期投資に向いた手法である

バンガード以外にもブラックロックやステート・ストリート、インベスコなど様々な資産運用会社がありますが、その中でもバンガードは投資商品の質で頭一つ抜けている印象があります。

それはやはり、バンガードが掲げる理念や投資哲学が素晴らしいから生まれる差なのかもしれません。

バンガードの投資哲学~経済的成功への4原則バンガードの英語版サイトにしかない「投資の原則」を翻訳しわかりやすくまとめています。すでにバンガードは日本から撤退していて日本語版を読む事は出来ないので、この記事を参考にして下さい。...
最新の記事