ETF

第2回SPYDの臨時銘柄組み換え~無配銘柄がまたまた削減~

投資家
投資家
またSPYDの銘柄組み換えが行われたって本当?ホルダーなので何が変更になったのか気になります!具体的に教えて!!
TK
TK
今回はSPYDの構成銘柄が1銘柄削減されたので69銘柄になりました。無配銘柄が1つ増えたということですね。内容について詳しく見ていきましょう
  • 本記事の内容

・SPYDの削減銘柄の紹介

・SPYDの構成銘柄の考察

・SPYD以外の高配当投資について

  • 本記事の信頼性

・投資歴13年

・登録者6077人の米国株投資家YouTuber

・大手製薬企業に勤務

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
米国株ETFへの長期投資でFIREを目指しています。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

米国株ETFだと情報が英語だったりしてわかりにくい場合が多いですよね。

投資は全て自己責任だからこそ、よく理解した上で買いたいです。

今回はSPYDの臨時の銘柄組み換えについて徹底解説します。SPYDホルダーにとっては今後の行動を考える上で重要な内容になります。

頑張って紹介しますので、是非お付き合いください。

SPYDの削減銘柄の紹介

まずは銘柄削減の内容について深堀りしていきます。

SPYDの最新情報を知りたい場合はState streetの公式サイトをチェックして下さい。

SPYDをクリックしてファンド特性を見てみましょう。

組入銘柄数が69銘柄になっています・・・

投資家
投資家
ホントだ!前回の組み換えで70銘柄になっていたから1銘柄減ったということ?具体的には何が減ったのかな?
TK
TK
その通りですね。1銘柄がこっそりと削減されています。どの銘柄が減ったのか確認する方法を一緒にチェックしていきましょう

こちらがSPYDのセクター比率です。

そしてこちらが以前の一般消費財の構成銘柄です。

各ETFの全構成銘柄は以下の矢印のところからダウンロードできます。

一般消費財の最新の銘柄リストをチェックしてみましょう。

TK
TK
GAPが減っているのがわかりますね。実際にGAPの利回りをチェックしてみると無配のためN/Aになっているのがわかります。 

米国版のyahoo financeをチェックすると最新の利回りがわかります。

Forward Dividend & YieldのところがN/Aの場合無配ということになります。

SPYDの構成銘柄の考察

SPYDの利回り上位銘柄の内容をチェックしてみます。

確認してみると不動産や一般消費財、エネルギーのセクターが多いですね。

コロナショックで大きな影響を受けているセクターです。

個々から考えられる懸念点は以下の通り。

  • 今後も無配銘柄が生まれてくる可能性が高い
  • もし米国が利上げをした場合、吹き飛ぶ可能性が高い
  • 銘柄削減は応急処置であり、問題が解決したわけではない
TK
TK
SPYDはコロナショックにより他の高配当ETFよりも大きな株価の下落が起きています。また2020年6月の配当は大きな減配が予想されます。そのことからSPYDは暴落に対して非常に脆弱であるということがわかりました。

SPYDはS&P500の利回り上位80銘柄で構成されています。

利回りが高いということは何かしらの問題がある可能性が高いということ。

暴落の際にはどうしても打たれ弱くなってしまいます。

投資家
投資家
高配当銘柄は暴落に強いと思っていたけど逆だったんだね。
TK
TK
SPYDは比較的新しいETFであり、リーマンショックも経験していません。今回のコロナショックではSPYDの暴落耐性をチェックすることができたと言えますね。

SPYDは暴落耐性があまりないので、長期投資をする上ではリスク許容度が高い人でないと継続して投資するのは厳しい

SPYD以外の高配当投資について

TK
TK
TKはSPYDホルダーですが、今後はSPYDの積み立てをしない方針でいく予定です。あまりに暴落に弱いので長期投資には向いていないと判断しました。
投資家
投資家
SPYDは厳しいか・・・。そしたらどんな銘柄で高配当投資をすればいいのかな?

TKが考える高配当投資の候補リストを挙げていきます。

  • HDV(ポストコロナは財務健全銘柄が強い)
  • 低PER、高利回り、継続成長の銘柄でポートフォリオを組む(中国銘柄)
  • ハンセン指数ETF(利回り4%、PER10倍、成長性も良好)
  • VYM(増配性能と分散性に優れている、利回りは4%)

中国銘柄のポートフォリオやハンセン指数ETFについては、次回記事として紹介したいと思います。

株価収益率 が 低けれ ば、 もし 予想 が 間違っ て 利益 が 減少 し た として も、 損失 は それ に 対応 し た もの に とどまる だろ う。 反対 に 予想 し た 成長 率 が 実現 すれ ば、 一挙両得 に なる だろ う。 これ は かなり 有利 な 賭け では ない だろ う か。

バートン・マルキール. ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版) (Kindle の位置No.2356-2358). 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

ウォール街のランダム・ウォーカーの引用です。

低PERであれば成長が持続すれば利益が大きく、成長が持続しなくてもダメージは小さいです。

一方でアマゾンのようにPERが100倍を超えるような銘柄の場合、期待成長性が間違いであった場合、そのダメージは計り知れません。

参考になれば幸いです。

今回は以上です。

応援クリックお願いします!