中国株

【中国株】低PER✕高成長✕高配当ポートフォリオの紹介

投資家
投資家
中国株ってなんだか怪しい感じがするけど大丈夫なの?特に今は米中対立が激化しているから損をしそうだよ。
TK
TK
中国株は情報も少なく投資している人も少ないので心配になるのは無理ありません。私も苦労しながら情報を集めています。調べれば調べるほど魅力的な情報が集まってきます。今回は私がなぜ中国株の高配当ポートフォリオを組みに至ったのか?そしてどんな構成かご紹介します
  • 本記事の内容

・中国株ポートフォリオを作る理由

・TKポートフォリオの条件

・TKポートフォリオの内容

・今後の積み立て方針

  • 本記事の信頼性

・投資歴13年

・登録者6000人の米国株投資家YouTuber

・大手製薬企業に勤務

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
米国株ETFへの長期投資でFIREを目指しています。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

投資は全て自己責任だからこそ、よく理解した上で買いたいです。

今回はTKがなぜ中国株へ投資することを決めたのか、そして中国株にはどんな魅力があるのかご紹介していきます。

とりあえず中国株ポートフォリオの15銘柄を以下にお示しします。

コード番号も書いてあるので、是非参考にしてみて下さい。

中国株ポートフォリオを作る理由

米国市場の状況

米国株市場の直近の状況について考えていきます。

個人消費の状況を見てみると大きく下落していることがわかります。

おおよそ8年分と非常に大きな下落ですね。

投資家
投資家
そうは言っても経済対策が効いて株価は大きく戻しているよ。このままバブル相場に入るって話もあるし大丈夫なんじゃない?
TK
TK
S&P500の6ヶ月チャートを見ると大きく戻してきていることがわかります。暴落後は非常に強いですよね。しかし実体経済は悲惨な状況なのに緩和マネーで株価だけ上がっている状況って明らかに不自然ですよね

ジム・ロジャーズも懸念していることですが、いつかは必ず金利をもとの水準に戻していきます。

緩和によって生き延びた企業もおそらく耐えられない企業が多く出てくるでしょう。

私は現在の緩和政策は根本的な解決になっていないし、不自然な状況を生み出しているのではないかと懸念しています。

TK
TK
こういった状況を鑑みて、ポートフォリオの分散性を高めるために中国株を購入するというのが理由の一つ目です

中国市場のPER

中国市場のPERは米国市場と比較して非常に低いです。(割安である)

上海市場は14.68、ハンセンは9.9、H株に至っては5.64です。

PERは株価÷一株利益です。

株価が低いか利益が高いか、それともその両方であることが想定されます。

以下の一文はウォール街のランダム・ウォーカーからの抜粋です。

成長 が 期待 でき、 かつ 低 PER の 銘柄 を 探そ う。 もし 成長 が 実現 し たら、 利益 成長 と 株価収益率 の 上昇 による 二重 の ボーナス が 得 られる ため、 大きな 利益 を もたらす だろ う。

バートン・マルキール. ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版) (Kindle の位置No.2367-2368). 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

長期投資の成功の鍵は成長性の高い低PER銘柄に投資することであると説明されています。

中国市場は「低PER」という点が合致します。

TK
TK
あとは高成長の銘柄を見つければ良いということになります

分散性を高める

TKは基本的に米国株ETFへの投資を継続してきました。

VTなどで世界への分散投資も行っていますが、それだけでは不十分だと考えています。

実体経済が非常に厳しい米国市場が再度暴落するようなことがあれば、資産へのダメージは非常に大きくなります。

投資家
投資家
でも今はグローバル化の影響で米国が下がれば、世界中の株価が下がるって聞いたよ。どこに分散しても変わらないんじゃない?
TK
TK
私は米国と中国に分散する意義は大きいと考えています。両国は対立関係にあるのでどちらかが利益を得るともう一方が損を被ります。

国際 分散 ポートフォリオ は、 これ と 同 規模 の アメリカ 株 だけで 構成 さ れ た ポートフォリオ よりも リスク が 小さく なっ て いる。

バートン・マルキール. ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版) (Kindle の位置No.3510-3512). 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

ランダム・ウォーカーに記載されている通り、国際分散ポートフォリオはリスクを低減することが期待できます。

中国株を保有することは一見リスクにも見えますが、米国株と分散することでリスクの低減に繋がります。

ETFの種類が少ない

投資家
投資家
それであれば中国株のETFを買えばいいんじゃないの?米国株はETFを積み立てているんだし。
TK
TK
私もETFを検討したのですが、種類が少なすぎました。Tracker fund of Hong Kongが候補に上がっていますが、今回は個別株のポートフォリオを組むことにしました
SPYDではなく香港ハンセン指数ETFに投資すべき6つの理由香港ハンセン指数は増配率、利回り、成長性、で優れています。高配当投資を検討している場合、ハンセン指数は優秀な選択肢になり得るので詳しく解説していきます。...

TKポートフォリオの条件

低PER

まず私が条件として考えたのがPERの低さです。

PERの低さはメリットでありデメリットです。

割安である一方でボロ株である可能性もあります。

私は中国株の中でPERは低いけど成長性が高い優秀株を探してポートフォリオを構成することを決めました。

成長性の高い低PER銘柄は将来的に大きな株価の上昇と配当金の増額が期待できる

成長性

成長性は各企業の毎年の純利益の成長性で確認しました。

こちらは中国の環球医療(02999)という銘柄の損益計算書です。

当期純利益は毎年17%以上の成長を達成していることがわかります。

投資家
投資家
すごい成長性だね。これだけ利益を出して成長していればさぞPERも割高なんじゃない?
TK
TK
それがこの企業はPERが3.6倍で配当利回りが6.74なんですよ。この成長性の割にめちゃくちゃ割安ですよね。

成長性は純利益の上昇率で確認している。中国株には成長性が高いが低PERで放置されている銘柄も多い。

配当利回り

高配当投資なので配当利回りは重要です。

今回ポートフォリオを組み際には、利回り4%で以上でスクリーニングしています。

投資家
投資家
あまり高利回りだとなにか問題があるんじゃないかって心配になっちゃうよ
TK
TK
だからこそ純利益やキャッシュフローをしっかりとチェックすることでリスクを減らすようにしています。利回りだけを追求してしまうと暴落時に大きなダメージを受けてしまいますからね

TKポートフォリオの内容

セクター比率

ポートフォリオのセクター比率についてご紹介します。

今回の中国株ポートフォリオは金融セクターの比率が大きくなっています。

投資家
投資家
なんで金融セクターの比率が高いの?不況時には影響を受けやすい景気敏感株だよね?
TK
TK
これは中国の政策金利の高さに理由があります。中国は低金利政策を行っていないため、政策金利が5%程度と高止まりしています。そのため銀行株の配当金利回りもそこに合わせるように高水準を維持しています。

そのため高配当ポートフォリオの柱として優良な銀行株を多く組み入れています。

平均PER

今回選んだ15銘柄の平均PERは7.16倍です。

非常に割安な値に落ち着きました。

ハンセンのPERが9.9でH株が5.64なのでちょうど中間くらいのPERに収まっていますね。

ちなみに比較するのは恐縮ですが、QQQのPERは59.91倍です。

投資家
投資家
めちゃくちゃ高いね・・・。まあハイテク株の寄せ集めだから仕方ないかもしれないけど
TK
TK
確かに一概に比較することはできませんが、高PER株は成長に限りが出てきてしまった場合の下落幅はエゲツないです

平均利回り

今回の中国株ポートフォリオの利回りは6.43です。

投資家
投資家
本当に大丈夫かってくらい高いですね。SPYDに勝るとも劣らない驚異の利回りですね

SPYDの現状の利回りは5.6%です。

これは減配前の配当で算出された推定の利回りのため、実際はもっと低いことが想定されます。

さらに今回の中国株ポートフォリオは成長性も重視しているので、株価の成長と配当金の増配も期待できます。

今後の積み立て方針

月10万円の積み立て

今回は中国株ポートフォリオの銘柄に毎月10万円ずつ投資していく予定です。

中国株には特有のリスクもあると思いますが、これも経験と考え無いものと考えて長期投資していきます。

TK
TK
10万円で積み立てができるようにポートフォリオの15銘柄は10万円以下で買える銘柄に絞りました。

15銘柄なので1年ちょっとで全銘柄を揃えられる計算です。

その後は更に銘柄数を30まで増やしていきたいと考えています。

投資家
投資家
なんで30銘柄にするの?そこまで多いと煩雑になるんじゃない?

投資には非システマティック・リスクとシステマティックリスクが存在します。

銘柄数を30まで増やすことで、非システマティック・リスクの大部分を消すことができます。

Buy and Hold

中国株ポートフォリオは基本的にBuy and Holdを考えています。

現在は米中問題の影響により香港市場に悪影響が及びそうですが、構わずに積み立てていく予定です。

米中問題の影響により香港企業はダメージを受けるでしょうが、中国の本土株のダメージは限定的のはずです。

特に内需関連の銀行株などは大きな問題は生じないと考えています。

そのためもしポートフォリオの銘柄が下がるようであれば積極的に積み立てていきます。

毎月報告

TK
TK
現在YouTubeやBlogでは中国株投資の情報は限定的です。自分で調べてみて痛感しました。
投資家
投資家
確かに中国株に投資しているYouTuberって見かけないよね。Blogも10年前の情報が出てきたりするし・・・

そこで中国株ポートフォリオの投資情報を毎月開示することにより、中国株の情報を配信していきたいと考えています。

うまくいくかどうかは未知数ですが、よく考えた末の決断です。

どっちに転んでも納得です。

今回は以上です。


記事が参考になりましたら、応援のクリックも宜しくお願いします。!

応援クリックお願いします!