投資の基本

FIRE達成の計算式~必要な資産額と期間~

こんにちは、TKです。

FIREとは(Financial Independence Retire Early)経済的に自由になり早期リタイヤすることです。

最近はFIREムーブメントといって、FIRE達成を目指し努力している20代30代が増えてきています。

一口にFIREといってもその形体は様々ですし、達成までの過程も様々です。

TK
TK
目的を達成するためには、ゴールを明確化することが大切です。

今回は自分自身のFIRE達成の目標額の設定方法についてご紹介します。

いつまでに達成したいのか?

FIREのための資産目標額を決定するために最初にすべきは「いつまでに達成するか?」を決めることです。

20代、30代、若い時期の時間は非常に貴重です。なかなか自分自身は気が付かないものですが、時間には大変な重みがあります。

時間は頑張れば稼げますが、時間はどうやっても取り返すことはできません。一人一人の人生の持ち時間は決まっているということです。

自身のライフプランを振り返り、残りの時間をどのように生きたいのか?

決めるということです。

TKの場合

私の場合を例にお話していきます。

私は現在33歳です。これから何年後にリタイヤし、自由な時間を手に入れるのか?

今回は40歳にFIREすると仮定します。そうすると残された時間は7年間ということになります。

この7年間で必要資産額を積み立てていくことになります。

必要資産額は現在のコストで算出する

FIREに必要な資産額は現在の生活コストから算出します。

あなたの生活コストはいったいどれくらいでしょうか?

私の生活コストはおおよそ21万円です。月によって増減はしますが、家族三人ぐらいでそのくらいとなります。

21万✕12ヶ月✕25=7560万円

つまり1年間の概算生活コストに25を掛けた数字がFIREに必要な資産額ということになります。

TK
TK
論理が飛躍しすぎて、「なに?どういうこと?と思っている方が多いかも知れませんね」

知っている人もいるかも知れませんが、FIRE業界では25というのは有名な数字です。

早期にFIREする場合、自身の資産が減ってしまうことは大きな問題です。

そのため毎年一定額を切り崩して使ったとしても、資産が減らないくらいの資産額というのが「1年間のコスト✕25」になるということです。

一年間で切り崩す額を4%に留める。つまり「1年間のコスト÷0.04」なので✕25となります。

TK
TK
結論として私は7560万の資産を築くことができればFIREできるという計算になります。

ここで重要なのが定期的な出費を節約することにより得られる影響です。

例えば毎月飲み会で3万円使っている人がいるとします。その人の長期的な資産形成への影響を考えてみましょう。

3万✕12ヶ月✕25=900万円

つまり飲み会に行くことによって900万円FIREへの道が遠のいていると言い換えることができます。

出費を減らす努力が如何に重要かわかりますね。

臨時の支出も計算すべき

私事ですが現在1歳6ヶ月の娘がいます。

つまり16年後には大学入学のためにまとまった費用が必要になる可能性が非常に高いということになります。

そういった人生における臨時の大きな出費の勘案する必要がありそうです。

国立大学に入ってもらうとして、多めに見積もると500万くらいでしょうか。娘用の口座に200万は入っているので不足金額は300万円になります。

計算ではインフレを加味した複利効果を想定します。

毎年の資産の増加率を7%と仮定し16年間運用します。すると1.07^16=2.95となります。16年で資産価値はおよそ3倍になるということですね。

300万(必要額)/2.95(複利効果)=101.694万

現在価値として101万をFIREに必要な資産額に追加することで、16年後に300万円を気にせず引き出すことができるようになります。

つまり7560万+101万=7661万ということになります。

純資産額を明らかにする

続いて行うのは純資産額の明確化です。

急に企業っぽくなりましたね。投資をする上で企業の純資産額を調べたことはあっても、自身の純資産額をチェックしたことがある人は少ないのでは無いでしょうか。

純資産額=総資産-総負債

で計算することができます。

総資産には売ればお金になるものも含めることができます。負債はクレジットカードの借金や奨学金、カーローン、マイホームのローンなども含まれます。

私自身は家計を無借金経営しているので、負債額は0です。

総資産はおおよそ2000万円なので2000-0で2000万円が純資産ということになります。

私の目標額は7661万円なので7661万-2000万円で5661万円が私の今後積み立てるべき金額ということになります。

純資産の中で投資に回している金額は1000万円程度になります。(妻が管理している現金預金には手が出せない!!)

そのように考えると(現預金に手が出せない)利回りを勘案できるのは1000万円です。つまり7661万円-1000万円で6661万円が残りの積み立て目標額ということになります。

1000/7661=0.13

つまり私はFIREに向けて進捗は13%まで来ていると言えます。

7年で6661万円をどう貯めるか!?

7年で6661万円と考えるとちょっと絶望的に感じてしまいますね。

FIREへの道はそう甘くありません。

複利効果を勘案せずに計算すると1年あたり951万円の貯蓄が必要ということになります。

かなり厳しいですね・・・

TK
TK
諦めてしまってはFIREは遠のくばかりですよ!

解決策は単純です。

  • 支出をへらす
  • 収入を増やす

この2つを徹底的に実行するにつきます。

副業を行ったり、削ることが可能な固定費をどんどん削っていくことで目標に近づくことができます。

例えば私はYouTubeを始めることによって月間7万円ほどの収入を得ることができています。

月間7万円の価値は「7✕12✕25=2100万円」分の価値があります。副業に力を入れることで大きくFIREに近づくことができるということですね。

とにかく毎日自身の資産額の増減をチェックし、さらに支出を減らし収入を増やす方法が無いか考えていくことが大切です。

私もまだまだこれからですが、必ず40歳でFIREを達成できるよう頑張っていきます。

本日は以上です。

資産成績を一元管理できる家計簿アプリを無料でダウンロードできます。

おかねのコンパス:金融機関口座やクレカ、ポイントだけでなく年金や保険までまるごと見える化できる資産管理アプリ

資産運用の大切さはわかっているけど、投資するためのお金が無くて悩んでいませんか?本アプリはマネーフォワードとの共同開発により

  • 連携サービス数が日本最大級
  • 登録口座数が無制限
  • 一括更新が無料
  • 金融機関なみのセキュリティ

 

など、資産を見える化するために必要な機能を、完全に無料で提供することを実現しています。ぜひ、あなたの資産管理にもご活用ください。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較オススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。マネーフォワードとおかねのコンパスの特徴も比較しているので、違いについて理解することもできます。無料で資産管理したい方に必見の記事です。...
最新の記事
あわせて読みたい