投資の必須ツール

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較

おじさん
おじさん
資産管理をするのにマネーフォワードで毎月500円払うのも違う気がする、、、「お金のコンパス」は無料みたいだけど本当に大丈夫か心配だな・・・
TK
TK
おかねのコンパスは無料でマネーフォワードと同等の機能が使い放題の家計簿アプリです。資産運用はコストを抑えるのが基本なので、お金のコンパスは資産運用の強い味方です
  • 本記事の内容
  1. おかねのコンパスとマネーフォワードの機能比較
  2. おかねのコンパスのメリット・デメリットを解説
  3. おかねのコンパスと連携できるサービス紹介
  4. おかねのコンパスのセキュリティ解説
  5. その他のお役立ち機能の紹介

おかねのコンパスはただの家計簿アプリではありません。
あなたの大切な資産を管理し、未来に向けて育てていくためのアプリです。

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの違い

多くの投資家はできるだけ安く(可能なら無料で)お得に資産を見える化して、最適な運用をしたいですよね。

おかねのコンパスはマネーフォワードMEと同等の機能を持ちながら完全無料でりえ要することができます。

まず両者の機能を比較していきましょう!

おかねのコンパスマネーフォワードME
連携可能数無制限無料版:10件まで
有料版:無制限
利用料金無料無料か500円/月
対応金融機関2600社以上2664社以上
一括更新無料版:☓
有料版:○
資産推移グラフ無料版:☓
有料版:○
家計簿機能
情報の細かさ
レシート撮影
アプリ内広告非表示無料版:表示あり
有料版:非表示

正直言って、マネーフォワードの無料版では登録できる金融機関が少なすぎて使い物になりません。あなたのお金の流れをすべて把握してこそ、家計簿アプリは価値があります。

その点、「おかねのコンパス」は無料で好きなだけ金融機関を登録できるので、そこはストレスフリーで活用出来ます。

また、無料版マネーフォワードで地味にイライラするのが、一括更新出来ないところと資産推移グラフが見れないところですね。

ポチポチ一つずつ更新していくのは時間の無駄ですし、資産推移グラフという重要なお金の情報を見れないのでは価値が半減してしまいます。

その点、「おかねのコンパス」は無料で自由に一括更新も資産推移グラフを使えるので頭が下がります。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

おかねのコンパスの強み

続いてはおかねのコンパスの強みについてみていきましょう。

簡単にまとめると強みは以下のとおりです。

  • マネーフォワードと共同開発
  • 口座登録数が無制限
  • 無料なのに一括更新ができる
  • 家計簿機能が新機能として追加
  • 金融機関と同程度のセキュリティレベル

マネーフォワードと共同開発されている

マネーフォワードは利用者が1200万人を突破した「お金の見える化」ができる家計簿アプリです。

そのマネーフォワードと共同開発して作られたのが資産管理アプリである「おかねのコンパス」になります。

そのため「おかねのコンパス」2660社以上の金融関連サービスの口座を自動でまとめて表示し、金融資産等を一元管理することができます。(銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイント)

「おかねのコンパス」はマネーフォワードと共同開発されており、「お金を見える化」する家計簿アプリとしても優れている。

口座登録数が無制限

マネーフォワードとの大きな違いは口座登録数が無制限である点です。

おじさん
おじさん
マネーフォワードは便利なんだけど無料版は口座登録数が10件までだから、資産を全て管理できないんだよね
TK
TK
一つの家庭あたりの口座数は平均でおよそ10口座と言われています。マネーフォワードでは管理しきれない人も多いかもしれませんね

その点「おかねのコンパス」は無料で会員登録するだけで、好きなだけ口座登録をすることができます。

資産管理を行う上で、全ての金融資産を把握することは非常に大切です。

「おかねのコンパス」は無料で好きなだけ口座登録をすることができる。

一括更新が無料でできる

マネーフォワードは無料版だと一括更新ができず、一個一個地道に更新する必要があります。

一方でおかねのコンパスなら無料で一括更新できるので完全にストレスフリーです。

家計簿機能が新しく追加された

これまで「おかねのコンパス」は家計簿機能が無かったのが最大の弱点でしたが、ついに家計簿機能が搭載されました。

収支、支出、詳細項目だけでなく、それぞれの項目をクリックすることで、詳しい内訳も把握することができます。

家計簿って面倒くさくってなかなか続かなかったりしますが、「おかねのコンパス」なら全て自動でやってくれます。

家計簿機能で節約できる特に重要な節約項目は以下のとおりです。

  • 通信費(スマホ代)
  • 生命保険
  • 交通費
  • 住居費
TK
TK
大きな支出を削ることで、投資額を増やすことが可能です!

確定拠出年金も手軽にチェックできる

株式投資の資産と確定拠出年金の資産は性質が大きく違いますよね。

確定拠出年金は老後まで売ることも使うこともできないので、別口で管理できるとわかりやすくなります。

TK
TK
確定拠出年金のサイトていちいちパスワードとか入力するのが面倒ですが、「おかねのコンパス」ならストレスフリーです

セキュリティがしっかりしている

アプリに口座情報などを入力するのが不安なことってありますよね?

これまではマネーフォワードのような家計簿アプリもセキュリティが心配で使っていなかったという人も多いと思います。

TK
TK
おかねのコンパスはパスコードロックの機能がついているので、スマートフォン紛失による情報漏洩も防いでくれます。

さらに以下のようなセキュリティ機能も搭載しています。

  • マネーフォワードと同等のセキュリティレベル
  • 指紋認証や顔認証によるロック解除機能
  • 預かる情報を厳選し、振り込みに必要な情報は登録不要
  • 異なる環境からのアクセスには登録アドレスへ確認メール送付
  • グローバルセキュリティエキスパート株式会社がセキュリティを支援
  • 東海東京ファイナンシャル・サービスの子会社が運用

最近の投資系アプリには標準装備されている、指紋認証によるパスコードロック機能も搭載されています。

また「おかねのコンパス」で使われる情報は最低限であり、り込みに必要な情報などは一切提供する必要がありません。

もし第三者が異なる環境からアクセスを試みた場合には、登録しているメールアドレスへ連絡してくれる機能も搭載しているので、安心感があります。

セキュリティがしっかりしているので、安心して大切な資産を管理することができますね。

おかねのコンパスは様々なセキュリティ機能を搭載しており安心して使えるアプリである。

なぜおかねのコンパスは無料なのか?

ここまで紹介してきたように、おかねのコンパスはすべてのサービスを無料で利用することができます。

TK
TK
ここまで便利なのに無料だと、逆になにか罠があるんじゃないかと不安になりますよね?

そこは心配無用です。

おかねのコンパスはユーザーの利用料を無料にする代わり、以下の企業から収入を得ている可能性が高いです。

  • トラノコ(投資アプリ)
  • THEO+東海東京証券(証券会社)
  • 東海東京証券(証券会社)
  • Life Plan coach(ファイナンシャルプランナー)
  • お金の健康診断(保険会社)
  • みんかぶ保険(保険会社)
  • そなえるコンパス(保険会社)

利用できるサービスはユーザーにとって便利なだけでなく、紹介してもらえる企業にとっても価値があるということですね。

TK
TK
アプリを無料にすればユーザーは集まってくる、ユーザーが集まればサービスを提供する企業が喜ぶということですね

そのため、あなたは必要なサービスがあれば使えばいいし、必要がなければスルーすれば大丈夫です。

「おかねのコンパス」を使うことによって、無料だからといって不利益を被ることはありませんので、安心して使って頂ければと思います。

その他のお役立ち機能

おかねのコンパスにはその他にもたくさんのお役立ち機能があります。

簡単にまとめると以下のとおりになります。

  • 9つの他社サービスとの連携
  • 予想年金額の試算
  • お金の健康診断
  • ライフプランコーチ
  • そなえるコンパス
  • ファイナンシャルプランナーに相談

他社サービスと連携できる

おかねのコンパスのもう一つの強みは他社サービスとの連携力です。

家計簿アプリとしてだけでなく、「お金を増やすサービス」と「今後に備えるサービス」を一元管理することができます。

連携できるサービスは以下の通りです。

  • 東海東京証券【投資/オンライントレード】
  • THEO【少額投資/ロボアドバイザー】
  • One Tap Buy【少額株式投資】
  • iChain【保険証券一元管理】
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド【保険/ロボアドバイザー】
  • 名案企画【年金/シミュレーション】
  • TORANOTEC【おつり投資/ポイント投資】
  • 400F【相談/マッチングサービス】
  • SOMPOひまわり生命【ライフプランシミュレーション】
おじさん
おじさん
家計簿だけじゃなくて「投資」「保険」「年金」「相談」など本当にいろいろなことができるね!
TK
TK
無料で資産を徹底管理するだけじゃなく、お金を「守り」「増やし」「相談する」ことまでできちゃうのが「おかねのコンパス」ということですね

おかねのコンパスは多様なサービスと連携することにより、将来に向けた積極的な資産管理ができる

予想年金額を試算してくれる

おかねのコンパスには「ねんきん定期便」を読み取って、あなたが65歳から受け取る年金の予想額、65歳から90歳まで楽しく過ごすのに必要な金額を算出してくれます。

ねんきん定期便の機能

カメラでねんきん定期便を撮影すると、上の図のように必要な数字が自動入力されます。

続いてあなたが加入中の年金の種類と毎月の給与額を入力します。

年金の種類と報酬額

これだけで「おかねのコンパス」ではあなたが65歳から受け取る年金額を試算してくれます。

年金額の試算年金額の試算

もちろん現状の年金制度に基づいて算出されるので、概算にはなりますが、わかるとわからないでは大違いですよね。

老齢年金の予想額

あなたが老後に毎月使いたい金額を入力すると、準備すべき金額まで教えてくれます。

老後までの準備資金老後までの準備資金
TK
TK
株式投資によるリターンなどは全く加味しない数字なので、この「準備資金」はあまり参考になりません

あくまでも年金がどれくらいもらえるのか把握して、アプリでデータを保管しておくために使いましょう。

老後の資産管理の計算とは若干ずれますが、FIRE計算機は資産運用する上で参考になるので使ってみることをオススメします。

https://ecpplus.net/fire_calculator

お金の健康診断をしてくれる

あなたは自分が全体の中でどれくらい稼いでいて、どれくらい貯金があり、どれくらいお金を使っているか知っていますか?

お金の健康診断でわかることは以下の内容です。

  • あなたの金銭タイプ
  • 平均年収との比較
  • 年間貯蓄額の比較
  • 平均家賃との比較
  • 平均投資資産の比較
  • 年かで支払う保険金額の比較

こられはあなたが資産形成をしていく上で、めちゃくちゃ大切な要素です。

家賃や保険などは平均よりできる限り低いべきですし、一方で年収や投資額は平均を上回れるよう日々努力すべきです。

お金の健康診断では以下のようにチャット形式で質問に答えていくだけで、1~2分で診断結果を教えてくれます。

例えば家賃であれば、以下のようにあなたと同じ年齢、環境の人と比較した場合の結果を教えてくれます。

TK
TK
ちなみに私は会社負担で借り上げ社宅に住んでいるので、家賃は月3万円に抑えられています

現状を把握できていない場合は、必ず一度は「お金の健康診断」をやって自分の現在地を把握しましょう。

ライフプランコーチ

おかねのコンパスはあなたの生涯年収・収支をかんたんにシュミレーションしてくれます。

あなたがこのままの生活を続けた場合の「生涯収支」「貯蓄率」「必要保障額」などがひと目で把握できます。

金融資産は年利8%で運用すると想定して計算されるようです。

年齢や収入、子供の人数などけっこう詳しく質問されます。

保険のおすすめがしたいのか、必要な保障金額まで算出されますが、あまり気にする必要は無いでしょう。

保険は削れるものは削って、できる限り投資に回すことをオススメします。

ロボコーチから意外としっかりしたアドバイスをもらうこともできます。

私の場合は外部要因に左右されにくい運用をとアドバイスされましたが、それだと利益が出しにくいんですよね、、、

シュミレーションに基づき、家計改善につながる多面的なアドバイスももらえるので、とっても助かりますね!

さらに上手く「ライフプランコーチ」を活用するための「活用ガイド」も無料でダウンロードすることができます。

TK
TK
将来に向けて貯金をするにしても、資産運用をするにしても、まず第一にやるべきは現状の把握です。おかねのコンパスをダウンロードしたらまずやっておきたいですね!

まとめ

今回は最新の資産管理アプリであるおかねのコンパスを紹介させて頂きました。

日々忙しい中でお金の管理をするのはなかなか大変ですが、このアプリを使うことで自動で管理することが可能になります。

多様なサービスと連携することにより、資産管理だけでなく運用や保険、年金まで管理できるなんて夢のようなアプリですね!

マネーフォワードを使っている人も、初めて資産管理アプリを使う人も一度ダウンロードして使ってみることをオススメします。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

最新の記事