ETF

【最新】2020年6月VYM分配金まとめ|米国株ETF|高配当

投資家
投資家
VYMの最新の分配金情報が知りたいな!コロナショックの影響はどうだったんだろう。詳細を教えて欲しい!
TK
TK
VYMの分配金が確定しましたね。元祖高配当ETFですのでホルダーも多いと思います。分配金の結果とそこから考えられることについて考察していきますね。
  • 本記事の内容

・2020年6月分配金情報

・VYMの特徴

・他のETFとの違い

・VYMの今後の展望

  • 本記事の信頼性

・投資歴13年

・登録者6300人の米国株投資家YouTuber

・中国株投資家

・大手製薬企業に勤務

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
そして2020年6月より中国株投資家としてもデビュー。
米中株ETFへの長期投資でFIREを目指しています。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

高配当ETFであるVYMは今回のコロナショックでどれだけのダメージを受けたのか?
今後も保有したり買い増ししたりするのに見合うETFなのか?気になる部分をしっかりと解説していきます。

おかねのコンパス

2020年6月分配金情報

2020年6月のVYM分配金は$0.8368でした。

前回の2020年3月の分配金が$0.5544でしたので、前回と比較すると50.4%という大幅上昇となりました。

投資家
投資家
今回コロナショックの影響で分配金は低下すると思っていたけど、意外と健闘したね!ホルダーとしてはありがたい!

一方で忘れてはいけないのが、前回の3月分配金はかなり少なかったということ。

そのため2019年6月分配金と比較することで実態をより正確に把握することができます。

2019年6月の分配金は$0.6247であり2020年6月の分配金は$0.8368なので前年同期比は33.9%の上昇ということになります。

TK
TK
前年同期比と比較してもしっかりと上昇していますね。なんだか不気味な感じもしますが事実なんですよね。

そして想定利回りはなんと4.12%と非常に優秀な値となっております。

感覚値ではありますがVYMの利回りは3%~3.5%くらいですので、とても魅力的な数字になっていることがわかります。

投資家
投資家
VYMを信じてホールドしていてよかった!これからもVYMには頑張ってもらおう!

VYMはS&P500と比較すると10%程度アンダーパフォームしています。利回りが4%を超えていたとしてもトータルリターンでは主要インデックスのETFんいは勝てないということですね。

TK
TK
ネガティブな話は置いておいて、今回はとVYMの分配金がしっかりと出たので素直に喜びましょう

VYMの特徴

次にVYMの特徴について振り返っていきます。

  • パッシブ運用である
  • 大型株かつ高配当利回りの銘柄にフルインベスト
  • 運用コストが安い(0.06%)
  • 設定日は2006年11月10日
  • REITは除外されている
  • リバランスは年1回
  • 時価加重平均で構成されている
  • およそ400銘柄で構成されている

VYMの詳しい特徴については過去の記事でまとめているので参考にして下さい。

【米国株】元祖高配当ETFのVYMについて特徴を徹底解説高配当で人気のVYMの特徴について徹底解説します。増配傾向や10年増配率、意外と高い株価上昇率、VYMは非常にバランスの良いETFと言えます。...
TK
TK
2020年6月の私のポートフォリオにおいて最も多く構成されているのがVYMです。現在VYMの積み立ては停止していますが、非常に信頼を置いているETFです
おかねのコンパス

他のETFとの違い

他のETFとどのような点が異なるかも重要ですね。

比較対象は高配当ETFであるVYM、HDV、SPYDです。

投資家
投資家
ようやく主要な高配当ETFは6月分配金が確定しました。しっかり比較していきたいですね 

今回分配金が前回と比べてプラスになったのはVYMだけでした。SPYDとHDVはマイナスという結果です。

次に想定利回りについても確認していきましょう。

VYM:4.12%

HDV:3.87%

SPYD:5.05%

コロナショック前と比べると0.5%~1.0%くらい利回りが高くなっていますね。

TK
TK
世界的な金融緩和に伴い分配金も想定よりもしっかりしていたということでしょうか。真相はわかりませんが、どのETFも高利回りを維持してくれていますね

VYMとHDV、SPYDの6ヶ月間の株価の推移を比較しています。

VYMとHDVはほぼ同様の推移をたどっていますね。一方でSPYDはアンダーパフォームしているのがわかります。

暴落耐性という観点ではSPYDの弱点が露呈してしまったということができるのでは無いでしょうか。

TK
TK
株価とインカムゲインをトータルして考えると、現時点ではVYMが最も優秀だと言えそうですね。

VYMの今後の展望

コロナショック後の株高は世界的な金融緩和に伴うバブルの可能性が高いです。

今回VYMは非常に優秀な分配金でしたが、今後バブルが弾けて再度暴落する可能性も十分に考えられますので安易に買い進めることはオススメできません。

しっかりと買い増し用の資金をプールしておきながら、慎重に買い増しをしていきましょう。

一方で長期的な観点でVYMを見た場合、高配当ETFという観点では他のETFと比べても優秀であることがわかります。

高配当ETF一本に絞るのであればVYMという選択肢はありではないでしょうか。

一方でVTIなどの全米をまるっと購入できるETFと比較するとVYMのパフォーマンスは劣ります。

米国ではトータルリターンの中でインカムゲインが占める割合は20%程度です。多くは利益はキャピタルゲインから得られるということですね。

そのため将来的に資産を最大化したいのであれば、VTIやVOOなどの米国をトータルで購入することができるインデックスETFを購入することをオススメします。

TK
TK
どのETFを選ぶかも大切ですが、それ以上に重要なのが徹底した資産管理による無駄の削減です

株価は自分でコントロールできませんが、毎月の積立金額はあなたの努力によりいくらでも増やすことができます。

無料の資産管理アプリであるおかねのコンパスについては過去の記事で解説しています。

【2020年】無料のオススメ資産管理アプリ|おかねのコンパスこの記事を読むことで2020年最新のオススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。資産管理はますます重要性を増してくるので是非参考にしてみて下さい。...

資産管理を徹底して積立金額を最大化することの重要性は以下の記事で解説しています。

個人投資家が資産管理 を徹底すべき3つの理由投資の基本は資産管理。この記事を読むことで富を増殖させるための資産管理のポイントを紹介します。...

今回は以上です。

応援クリックお願いします!