米国株

【米国株】VOO2020年6月配当金の情報まとめ|グロース&増配

投資家
投資家
VOOの2020年6月分配金が決まったようですね。詳細を教えてもらいたいのですが・・・
  • VOOの分配金
  • 前回や前年同期との比較データ
  • 利回りや株価の推移
TK
TK
VOOはS&P500を指標とした代表的なETFですので気になっている人も多そうですね。ご紹介していきます。
  • 投資対象として適格なのかわかる
  • 今後の展望がわかる
  • 自分に合ったETFかわかる

長期投資の場合、銘柄選択は非常に重要になってくるので迷いますよね。

一緒にVOOについて考えていきましょう。

TK
TK
米国株投資家YouTuberの名に掛けてしっかりと解説していきますね!

【2020年6月の分配金まとめ】

VOOの2020年6月分配金の情報

VOOの2020年6月分配金は$1.4333でした。

2020年3月の分配金が$1.1780でしたので21.7%の増配でした。

VOOの分配金の支払いの歴史

前年同期の分配金(2019年7月2日)は$1.3859でした。

そのためVOO分配金の前年同期比は3.4%の増配でした。

投資家
投資家
前回の分配金と比べると大幅増配だけど、前年同期で比較すると大したことないですね。
TK
TK
それでもコロナ直撃の3-6月を増配で終えてくれたのは有り難いですね!

VOOの増配率

VOOの増配率は5年間で59.62%です。

VTIの増配率

VTIの増配率と比べると、1年間の増配率はVOOが買っていますが、3年・5年の増配率はVTIが勝っています。

VOOは比較的新しいETFなので10年間の増配率は比較できません。

VOOの利回り

VOOの6月分配金で計算すると最新の利回りは2.02%になります。

TK
TK
VOOであれば2%くらいが妥当なラインですね
  • VOOの2020年6月分配金は$1.4333であった
  • 2020年3月の分配金が$1.1780なので21.7%の増配となった
  • 前年同期比で計算すると3%ほどの増配
  • VOOは増配傾向も優れたETFである

VOOの特徴

VOOのベンチマーク

VOOはS&P500インデックスをベンチマークとしているため、米国を代表する500銘柄で構成されています。

そのためGAFAMなどの優秀なテクノロジー関連の企業も入っています。

VOOの構成銘柄について時価総額と投資スタイルから紹介

VOOは米国企業の時価総額上位500社に投資することができます。

投資スタイルとしてはバリュー株とグロース株の両方が入っています。

VOOの概要

VOOは経費率が非常に安く、ETFの中でも最安の0.03%です。

設定日は2010年9月7日と比較的新しい銘柄ですが、その優秀なパフォーマンスから多くの投資家が買付を行っておりETF純資産総額は非常に大きくなっています。

同じS&P500をベンチマークとしたSPYは経費率がVOOよりも高いため資金が流出しており、VOOに流入していると考えられます。

VOOのトータルリターン

VOOのトータルリターンを確認してみると、設定来の年平均リターンが14.68%となっています。

TK
TK
これは驚異的な数値ですね。これまでは資金をVOOに投資していれば面白いように増殖していたということです。

過去は過去なので未来で同じようなパフォーマンスを発揮できるかは誰にもわかりません。

VOOの主なデータ

株価の継続的な上昇の源泉は、「利益成長率の高さ」にあります。

この利益成長率が高水準で維持されている間はVOOの株価に期待できますね。

  • VOOはS&P500をベンチマークとした代表的なETF
  • VOOの経費率は0.03%
  • VOOの設定来のトータルリターンは年平均で15%
  • 利益成長率は10.8%

VOOの構成銘柄とセクター

VOOのセクター比率は上の通りです。

テクノロジーとヘルスケア、金融の比率が高いですね。

TK
TK
テクノロジーセクターは米国の根幹産業です。コロナショックでも非常に強い動きをしていました

VOOの構成上位10銘柄について示しています。

GAFAMがトップ5に入っていますね。

TK
TK
VOOは時価総額加重平均で構成割合を決定しているので、時価総額が大きい企業が上位に来ています。

【VOO(米国)の今後の展望】

米国と日本の人口の推移

経済の今後の展望を考える場合、まずは人口推移について考えるべきです。

米国は現時点でも順調に人口が増加しており、今後も2100年くらいまで人口は緩やかに増加を続けると言われています。

中国、日本、米国の特許出願数の比較

経済の発展は人口の増加とテクノロジーの進歩によって決まると言われています。

テクノロジーの一つの指標として特許出願数を確認してみましよう。

TK
TK
2019年に米国は中国に抜かれてしまいましたが、世界2位に位置しています。

人口増加とテクノロジーの強さから考えて、VOO(S&P500)は有望な投資先と言えるでしょう。

世界のPER

一方で主要市場のPERを確認すると米国のPERは高い傾向にあることがわかります。

VOOのPER

実際にVOOのファクトシートをチェックするとPER(株価収益率)は23倍に達しています。

TK
TK
利益の成長率が高い状態を維持できている状態であれば問題はありませんが、その成長率に陰りが見えてきた場合は株価の暴落に繋がるかも知れません。
  • 米国は人口増加とテクノロジーの発展の観点から投資対象として優秀
  • PERは割高である
  • 利益成長率が低下してきた場合、割高なVOOは下げる可能性がある

【まとめ】VOOは優秀なETFで購入に値する

  • 2020年の分配金は$1.4333であり前回、前年同期と比べて増加した。
  • VOOは株価の成長、増配に優れたETFである
  • 経費率は0.03%と非常に低価格
  • 過去10年の平均トータルリターンは15%と非常に優秀
  • 米国の人口増加とテクノロジーの発展はVOOの成長を後押しする

私自身は小型株も含まれているVTIを購入していますが、VOOも間違いなく優秀なETFです。

VTIについては以下の記事で詳しく説明しています。

【速報】VTI2020年6月配当金の情報まとめ|グロース&増配2020年6月のVTI配当金について徹底解説します。VTIホルダーや米国株ETFの長期投資を検討している投資家にとって役に立つ情報です。...

コロナの影響が一時的なもの(ワクチンが開発されるまでの)と考える場合、米国市場の一時的な下げは買いであると考えています。

【固定費を削減する方法】

毎月の積み立て金額を増やすことは将来の資産を増やすことに直結します。

TK
TK
ポートフォリオの成績はコントロールできないけど、積み立て額は自分の努力でコントロールできます。

積み立て額を増やす方法は「節約」と「収入を増やす」の2択です

その中でも「節約」は比較的簡単に実践でます。そして節約の中でも重要なのが「固定費」の削減です。

もしあなたが通信費を上の図のように多く支払っているのであれば楽天モバイルの楽天UN-LIMITがオススメです。

現在キャンペーン中で1年間無料でインターネットと通話を使用することができます。
(300万人限定なので終了している可能性があります。)

キャンペーンLP ※期間中限定
(終了している場合はその旨記載します。)
TK
TK
楽天UN-LIMITに関しては以下の記事で詳しく解説しています。
楽天UN-LIMIT乗り換えの驚異的なお得ポイント3選楽天UN-LIMITは1年間無料・カケホーダイ・楽天回線外の使いやすさ・通信制限時でもサクサクといったメリットがあります。どれだけお得か徹底解説していきます。...

今回は以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。