米国株

VOOとVBの徹底比較、米国小型株の成長性について検証してみた

投資家
投資家
米国株ETFのVOOとVBってどんな違いがあるんだろう?チャートを比較すると同じように動いているけど・・・具体的な特徴とかを知りたいなぁ
TK
TK
VOOとVBの構成銘柄は全くかぶっていません。そのためそれぞれの特徴を理解した上で、戦略的に選択する必要がありますね!

このように今回はVOOとVBの徹底比較を行っています。

結論から言ってしまうとリスク許容度が高めの人はVOO一本でOK。

それ以外の方はVOO+VBの組み合わせが面白いです。

  • 本記事の内容

・VBの特徴の徹底解説

・VOOの特徴解説

・GAFAMについて検討

・何を買うべきかまとめ

  • 本記事の信頼性

・投資歴13年

・登録者5800人の米国株投資家YouTuber

・大手製薬企業に勤務

2019年12月より米国株投資家YouTuberとして活動しています。
米国株ETFへの長期投資でFIREを目指しています。

TKのYouTubeチャンネルはこちら

米国株ETFだと情報が英語だったりしてわかりにくい場合が多いですよね。

投資は全て自己責任だからこそ、よく理解した上で買いたいです。

ご安心下さい。米国株投資家YouTuberのTKがあなたに代わってVOOとVBを調べ上げました。参考になれば幸いです。

VBの特徴

VBの一番の特徴は構成銘柄の時価総額です。

上記の図にあるように「小型株」の「バリュー株~グロース株」で構成されています。

投資家
投資家
つまりどういうこと?
TK
TK
VOOは大型株で構成されているので、銘柄は全くかぶっていません。小型株は伸びしろが多いのが特徴です。

こちらの図にあるようにVBは「CRSP USスモールキャップ・インデックス」のパフォーマンスに連動しています。

この名前は重要じゃないので覚える必要はないのですが、構成銘柄数は覚えて欲しいです。

銘柄数はなんと1361銘柄です。

たくさんの小型株の詰め合わせパックになっているということですね。

投資家
投資家
それっていいの?それとも悪いの?
TK
TK
基本的にはポジティブです。分散性が効いているので安心感があります。一方で急成長した銘柄があっても旨味は少ないですね・・・

構成上位10銘柄です。

このとおり、最も構成比率が高くてもわずか0.4%です。

1、2社潰れても痛くも痒くもなさそうですが、爆発的に伸びた銘柄があっても影響は小さそうです。

セクター比率が最も大きいのは金融で、その次が資本財です。

セクター構成比率はVOOの方が魅力的ですね。

VBの利回りは現時点で1.73%であり、VOOと大差ありません。

経費率も0.05%なのでVOOには負けるものの、非常に優秀です。

VOOの特徴

VOOは米国株の中でも大型株に分類される銘柄で構成されています。

S&P500と同じであること有名な話ですね。

そのため銘柄数は509銘柄となっています。

投資家
投資家
VBより少ないけど大丈夫なの?
TK
TK
500銘柄もあれば分散性は全く問題ないです。VOOだけを買って経済的自由を手に入れたひとだっているくらいです。

セクター構成比率を見ると情報技術やヘルスケア、コミュニケーションサービスなどの先進技術関連が多いですね。

アメリカを象徴するようなセクターで構成されている点はVOOの魅力の一つですね。

さらに構成比率を見てみて下さい。

アメリカを代表する企業が名を連ねていますね。

投資家
投資家
GAFAMも入っているんだ!VBと違って全部知っている銘柄だな
TK
TK
そうですね!GAFAMを保有したいひとにとってもVOOはオススメできますね。また上位10社の構成比率も23.9%と程よいのも特徴でしょう。影響を受けすぎず受けなすぎないですね。

GAFAMについて

VOOにはGAFAMが一定程度含まれています。

投資家
投資家
GAFAMって今は人気だけど買われすぎている気が・・・本当に大丈夫かな?
  • ベンチャーの積極的な買収
  • プラットフォーマーである
  • 新しい技術が次々に出てきている
  • これらのテクノロジーはすでに生活必需品
TK
TK
これらの点を考慮するとTK的にはGAFAMはまだまだ頑張ってくれそうだと考えています。

まとめ:VOOもしくはVOO+VB

VOOとVBの特徴について紹介してきました。

ここからは実際にチャートを比較してみましょう。

VOO対VB対VOO+VBでバックテストを行ってみました。

結果はこのとおりでVOOが最も優秀な成績を収めました。

ただしリーマンショック後の3年間などはVBのほうが優れていたりするので、一概にどっちが優秀かは断言できません。

ただし全体的なパフォーマンスを勘案すると、VOOのほうがトータルでみて優秀な印象を受けます。

GAFAMなどのプラットフォーマーで構成されており、新規参入者を次々と買収している姿を見ると、今後もVOOの躍進にベットしたくなりますよね。

投資家
投資家
じゃあVBはだめなの?
TK
TK
そんなことはありません。リスク許容度が低く分散性を高めたい場合は、VOOだけではなくVBも買うことで分散性を高めることが可能です。

今回は以上です。

 

資産成績を一元管理できる家計簿アプリを無料でダウンロードできます。

おかねのコンパス:金融機関口座やクレカ、ポイントだけでなく年金や保険までまるごと見える化できる資産管理アプリ

資産運用の大切さはわかっているけど、投資するためのお金が無くて悩んでいませんか?本アプリはマネーフォワードとの共同開発により

  • 連携サービス数が日本最大級
  • 登録口座数が無制限
  • 一括更新が無料
  • 金融機関なみのセキュリティ

 

など、資産を見える化するために必要な機能を、完全に無料で提供することを実現しています。ぜひ、あなたの資産管理にもご活用ください。

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

資産管理 おかねのコンパス資産管理アプリ

無料posted withアプリーチ

 

【2021年版】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの機能を徹底比較オススメ資産管理アプリである「おかねのコンパス」の特徴を知ることができます。マネーフォワードとおかねのコンパスの特徴も比較しているので、違いについて理解することもできます。無料で資産管理したい方に必見の記事です。...
最新の記事